オーディオの足跡



スピーカーシステム

理学博士であるジョーアクロイド氏(Mr. Joe Akroyd)によって1980年9月に設立されたメーカー。
アクロイド氏は1960年代の初期にGoodman IndustriesでMaximスピーカーの設計製造に携わり、さらにMaxアンプチューナーの設計製造に携わりました。さらに製造ラインの設計ユニットのAudiumとAxiomの変更にも携わりました。
その後、1970年にラウドスピーカー工場の経営者としてWharfedaleに加わり、Denton、Linton、Melton、Triton、Douedaleを手掛けました。
1970年代の中頃にはDECCAに移籍し、ラウドスピーカー部門を再編成してDECCAラウドスピーカーの新シリーズを発表しました。
そして、1980年にRACALがDECCAを合併吸収した時にラウドスピーカー設備をRACALから買収してロイドを設立しました。