オーディオの足跡
    
 
2014東京インターナショナルオーディオショウ
株式会社ディーアンドエムホールディングス(マランツ)
audioquest、Bowers & Wilkins、Classe、marantz
  



ブースの全景です。

試聴用システム
 スピーカーにはB&Wの800Diamondを使用していました。

試聴用システム
 モノラルパワーアンプ Classe / CA-M600
左ラック(上から)
 DAC/ヘッドホンアンプ HD-DAC1、ネットワークプレイヤー NA8005(2台)、NAS DELA / N1A
中央ラック左
 SACDプレイヤー SA-7S1、プリアンプ SC-7S2、PM-11S3
中央ラック右
 SACDプレイヤー SA-11S3、プリアンプ CLASSE / CP-800 ver2、デジタルアンプ CA-D200
右ラック
 SACDプレイヤー SA-14S1

CM5S2とCM6S2

奥からCM10S2、CM9S2、CM8S2

CM5S2(奥)とCM1S2(手前)

805 Maserati Edition

CM S2シリーズに使用したパーツが展示されていました。

ウーファーユニット

CM1S2のウーファーユニット

CM6S2、CM5S2、CM1S2のネットワーク&ターミナル部

ツィーターユニットの構造分解図

ドーム型ツィーターユニット

CM10S2やCM6S2に採用されたトップマウントツィーター

オーディオクエストのケーブル製品

HD-DAC1はB&Wのヘッドホンと組合せ試聴ができました。

HD-DAC1のパーツと内部が公開されていました。

HD-DAC1の内部レイアウト

HD-DAC1のヘッドホンアンプとデジタル基板

HD-DAC1のボリュームとコンデンサー

メーカーホームページ
 マランツ
 B&W