オーディオの足跡
    
 
2014東京インターナショナルオーディオショウ
有限会社フューレンコーディネート
ALBEDO、Anthony Gallo Acoustics、audel、Brodman、Davone、Fuhlen、Mark&Daniel、NuForce
OCTAVE AUDIO、PIEGA、Quadraspire、Sound Mechanics、Tabula Rasa、Trigon
  



ブースの全景です。

今回PIEGAのフラッグシップ機であるMaster Line Sourceを鳴らしていました。
受注生産品ペアで価格は¥21,000,000との事。

Master Line SourceとMaster Oneのサイズ比較。

パワーアンプはOCTAVEのモノラルパワーアンプMRE220を2台しており、それぞれに強化電源Super Black Boxを追加していました。

ソース側の機器は他社のものを借りていました。
手前のラック上からLP12、DCD-SX1、Akurate DS/K、Radical

LINNのLP12です。

OCTAVEのプリアンプHP700を使用していました。

OCTAVEのPhono Module

OCTAVEのJubilee Preampも展示されていました。
上はラックスマンのPD-171A。

ラック下部には外部電源が置いてありました。

BrodmannのVC7とOCTAVEのJubilee mono。

OCTAVEのモノラルパワーアンプ Jubilee Mono

Davoneの製品も展示されていました。

DavoneのRay-S

DavoneのRivaとRay-S

DavoneのTulip

DavoneのGrande

その2へ続きます。