オーディオの足跡

Victor/JVCの製品をヤフオク!で検索

XL-Z621の画像
 解説 

K2インターフェース回路を搭載したCDプレイヤー。

デジタル波形に付加されるジッター(時間差歪)やリップル(波形歪)などによって発生するデジタル歪を解消するため、K2インターフェース回路を搭載しています。
この回路では、精密なマスタークロックに制御された検出回路によって符号外成分を含むデジタル信号から符号情報だけを読取り、その情報をもとに別のブロック上に全く同じデジタル波形を作り出しています。これにより、K2インターフェース通過前に含んでいた符号外成分を電気的に抑えることができています。

D/A変換部には8倍オーバーサンプリングデジタルフィルターとフルタイム18ビットL/R独立コンビネーション4DAC構成を採用しており、小入力時から大入力時まで常時18ビットをフル稼働させることで、高精度と高分解能を実現しています。

回路間での相互干渉を防ぐため、デジタル/アナログ/K2インターフェース回路を別基盤としています。さらにK2インターフェース回路には、基板上もD/A分離パターンを採用しています。

電源部にはレギュレーションの優れた大型トランスを採用した上、デジタル/サーボ/アナログの各回路に独立して電源を供給することで干渉を排除しています。整流回路や定電圧回路も分離したことで、安定した電源供給を実現しています。

信号読取り精度を高めた新開発の軽量ピックアップを採用しています。
また、8cmと12cmで異なるディスクの慣性モーメントを均一にするスタビライズ・ホイールを採用しており、安定した回転を実現することでサーボ電流の変化を低減し、高音質化を図っています。

シャーシ構造にはボトムベースとシャーシベースの間に高剛性素材を配したトリプルシャーシを採用しており、ボディの共振モードを分散させています。さらに、ピックアップ/メカベース/シャーシーベースの間にインシュレーターを設置し、さらにボトムベースには大型インシュレーションフットを直接取付けた3重のサスペンション構造を採用しています。

テープ編集などに使用する機能としてトリプル・エディティング・システムを搭載しています。
モード1「オートエディット」では、テープA/B面にディスクの曲順通りに自動プログラムしまたす。また、指定時間内に収まらない曲が出てくると点滅表示し、残り曲の中から収まるものを選べます。
モード2「プログラムエディット」では、指定した時間内に好みの曲順でテープA/B面にプログラムできます。残量時間表示や、時間内に収まらない曲番を点滅表示することで、時間計算せずにプログラムができます。
モード3「マルチエディット」では、指定時間内に何枚ものディスクからプログラムができます。この機能では、ディスクを入れ替えても選曲ごとの残量時間表示や時間内に収まらない曲番の点滅表示は動作します。

電源スイッチにリモートバーを採用することで配線経路の最短化を図っています。

デジタルノイズを排除するディスプレイON/OFFスイッチを搭載しています。

光と同軸の2系統のデジタル出力を搭載しています。

リモコン電動ボリュームを採用しています。

金メッキ出力端子を搭載しています。

最大32曲のランダムプログラム選曲、99曲インデックスサーチ、全曲/1曲/プログラム/A-B間のリピート機能を搭載しています。

曲間を4秒あけるオートスペース機能を搭載しています。

シンクロ操作用のコンピュリンク端子を搭載しています。

ワイヤレスリモコンが付属しています。

機種の定格
型式 CDプレイヤー
周波数特性 2Hz~20kHz
全高調波歪率 0.003%以下(1kHz、EIAJ)
ダイナミックレンジ 99dB(1kHz、EIAJ)
SN比 108dB(デジタルゼロ時、EIAJ)
ワウフラッター 測定限界値以下
出力レベル 2.0Vrms(フルスケール)
D/A変換 18ビット直線
デジタルフィルター 8倍オーバーサンプリング
操作機能 トリプル・エディティング・システム
32曲ランダムプログラム
イントロスキャン
リピート(全曲/1曲/プログラム/A-B間)
オートスペース
タイマープレイ
リモコン操作機能 トレイのオープン/クローズ
音量調節(可変出力及びヘッドホン出力)
フェード
曲番及びディスクスキップ
ディスプレイON/OFF
端子 デジタル出力端子:光/同軸、2系統
アナログ出力端子:固定/可変、2系統
コンピュリンク(シンクロ端子)
ボリューム付ヘッドホン端子
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 15W(電気用品取締法)
外形寸法 幅435x高さ115x奥行375mm
重量 9.3kg
付属 ワイヤレスリモコン RM-SX521