オーディオの足跡

QL-Y7の画像
 解説 

クォーツロックと電子制御アームを搭載したレコードプレイヤー。

トーンアームには電子制御によるED(エレクトロ・ダイナミック)サーボ・トーンアームを採用しています。
EDサーボトーンアームではアームの振動を純電子式に検出し、フィードバック制御で逆方向に同じ力を加えて打ち消すというアイデアが採り入れられており、電子回路による判断で水平・垂直軸受に直結された2組のコアレスリニアモーターを駆動して動きを制御しています。
これにより低域共振や外乱による不要振動やインサイドフォースをキャンセルし、針圧もアンチスケーティングもコンスタントに制御しています。

EDサーボトーンアームによってソフトタッチオペレーションを実現しており、ゼロバランスをとった後はアーム本体に触れる必要がなく、キャビネット前縁のスイッチを押すことでアーム操作が可能です。これにより、オートリターンや途中でのリジェクト、マニュアル操作も行えます。
また、針圧とアンチスケーティング、foのQダンプはそれぞれ独立したボリュームによる連続可変方式となっています。

回転系には、クォーツロックの安定度を従来の30倍に高めたダブル・サーボ・クォーツ回路を採用しています。また、駆動モーターには回転振動の原因となる鉄芯を除去したコアレスタイプのDDモーターを採用しており、1.2kg-cmのトルクを確保しています。

ターンテーブルには、アルミダイキャストの本体に亜鉛ダイキャストの防振リングを付加したNR(Non Resonance)ターンテーブルを採用しています。異種金属を組み合わせることで共振をダンプするとともに慣性質量の増大を図っています。
また、クイックブレーキを装備しており、素早い停止が可能です。

ヘッドyせるには、一体構造の本体をカートリッジとフィンガー・プレートで上下から締め付ける全面剛体化NR(Non Resonance)ヘッドシェルを採用しています。

キャビネットには無共振・無振動設計を生かしたソリッド材3層構造を採用しています。
また、表面にはローズウッド調のミラー仕上げが施されています。

機種の定格
型式 レコードプレイヤー
駆動方式 FG検出ダブルサーボクォーツ・コアレスDCダイレクトドライブ
回転数 33 1/3、45rpm
ワウフラッター 0.01%(WRMS、回転部)
0.02%(WRMS)
SN比 78dB(DIN-B)
起動特性 1.2sec、1/3回転以内
起動トルク 1.2kg-cm
負荷特性 0%(針圧170gまで)
ドリフト 0.0001%/h
0.00005%/℃
回転数偏差 0.002%
トーンアーム型式 エレクトロ・ダイナミック・サーボ
有効長 245mm
針圧可変範囲 0~3.0g
取付カートリッジ重量 14.5g~24g(シェル含む)
24g~38g(別売サブウェイトSW-Y7使用時)
アーム高さ可変範囲 ±3mm
キャビネット仕上げ ミラー仕上げローズウッド調
外形寸法 幅480x高さ177x奥行436mm
重量 12.5kg
別売 サブウェイト SW-Y7(¥1,500)