VICTOR QL-Y3Fの仕様 ビクター
オーディオの足跡

QL-Y3Fの画像
 解説 

電子制御アームとフルオート機構を組み合わせたレコードプレイヤー。

トーンアームにはエレクトロサーボトーンアームを採用しています。
QL-Y3Fに搭載されたエレクトロサーボトーンアームは、それ自身がフルオート動作用の動力を持っており、マイクロコンピューターの指令によってコアレスリニアモーターが水平回転軸をダイレクトに駆動する構造となっています。このため、複雑なギアやカムを持たず、メカノイズの発生がありません。また、軸受の感度を損なったり共振を誘発することもありません。さらに、高さ調整も可能です。
このアームはスイッチ切換え無しで自由に手動演奏ができるマニュアル操作優先設計が採用されています。

QL-Y3FのトーンアームにもQL-Y7やQL-Y5のEDサーボトーンアームと同様な水平駆動制御を搭載しており、水平方向に発生する低域共振(fo)のピークとインサイドフォースとを電子サーボ回路とリニアモーターによって軸受に機械的な摩擦を与えることなく抑制しています。

ターンテーブル部にはクォーツロックの安定度を従来の30倍に高めたダブルサーボクォーツ回路と、振動の少ないコアレスDDモーターを採用しています。

ヘッドシェルにはNRヘッドシェルを採用しています。
また、カートリッジにはMM型カートリジのZ-1S型を採用しています。

キャビネットにはウッドキャビネットを採用しており、無共振・無振動性を高めています。
また、外装にはローズウッド調仕上げが施されています。

反復動作が速いリピート装置を搭載しています。

フロントオペレーションシステムを採用しています。

オールLEDによるスピートとレコードサイズ、クォーツロック・インジケーターを搭載しています。

電子式アームリフターを搭載しています。

機種の定格
型式 レコードプレイヤー
オート機構 コンピューター制御リニアモーター駆動エレクトロサーボフルオート
駆動方式 FG検出ダブルサーボクォーツ・コアレスDCダイレクトドライブ
回転数 33 1/3、45rpm
ワウフラッター 0.015%(WRMS、回転部)
0.025%(WRMS)
SN比 78dB(DIN-B)
起動特性 1.8sec
負荷特性 0%(針圧100gまで)
ドリフト 0.0001%/h
0.00005%/℃
回転数偏差 0.002%
トーンアーム型式 スタティックバランス型エレクトロ・ダイナミック・サーボ
有効長 245mm
針圧可変範囲 0~3.0g
取付カートリッジ重量 14.0g~19.5g(シェル含む)
カートリッジ型式 MM型(Z-1S)
周波数特性 10Hz~25kHz
出力電圧 3mV(50mm/sec)
交換針 DT-Z1S(¥4,000)
外形寸法 幅480x高さ169x奥行436mm
重量 9.5kg
別売 メインウェイト SW-Y3(¥1,500)