オーディオの足跡

QL-A75の画像
 解説 

アームパイプ交換方式を採用したレコードプレイヤー。

トーンアーム部には堅牢なじネジ止めコネクターによるパイプ交換方式を採用しています。
QL-A75では、入念な防振処理が施された高剛性ローマス・テーパード・ストレート・パイプと、S字型のユニバーサル・パイプ(無共振追求チャキングロック・ヘッド・コネクター付)を装備しており、付属のサブウェイトや、別売の重量級カートリッジ用大型ウェイトの組み合わせを変えることによって広範囲なカートリッジに対して最適マッチングを追求出来ます。また、QL-A95型の特殊高剛性素材ストレートパイプPH−200も使用できます。
回転軸受にはビクター独自の高感度・高安定ニュージンバルサポート方式を採用しています。

カウンターウェイト内にダイナミックQダンプ機構を内蔵しており、有害な混変調歪やカラーレーションの原因となるアームの共振を抑制しています。
また、ターンテーブルベースとトーンアームベースの振動モードの違いによる混変調歪を抑制するため、双方を最短距離で剛体接合するドッキングプレートを採用しています。

モーターには新開発のコアレスDCサーボモーターを採用しており、DCモーター特有のコッキングによる振動を解消した上、1.8kg-cmのハイトルクを確保しています。
また、ターンテーブルにはマットを含めて重量が2.35kgで慣性質量350kg-cm2のターンテーブルを採用し、シャフトには直径10mmの太いシャフトを採用しています。このターンテーブルは弾性リングによって防振性を高めています。
回転制御にはクォーツロックの安定度を従来の30倍に向上させたダブルサーボクォーツロック方式を採用しています。また、±両方向サーボを利用した電子ブレーキによるクイックストップ機構を搭載しています。

キャビネットには無共振・無振動化技術を投入したソリッド材積層構造を採用しており、外観には鏡面仕上げが施されています。
また、インシュレーターには低重心タイプを採用しており、支点位置を可能な限り高めることでキャビネットの安定性向上を図っています。これにより耐ハウリング性が改善された上に床振動による針飛びも低減されています。

無接触速度検出方式のオートストップアップ機構を搭載しており、針先がレコードの内周リード溝に入ると自動的にアームをリフトし、ターンテーブルの回転を止めます。無接触式を採用することで針先への負担や音質への悪影響を防いでいます。

機種の定格
型式 レコードプレイヤー
駆動方式 FG検出ダブルサーボクォーツ・コアレスDCダイレクトドライブ
回転数 33 1/3、45rpm
ワウフラッター 0.008%(WRMS、回転部FG法)
SN比 80dB(DIN-B)
起動特性 0.75sec、1/4回転以内
起動トルク 1.8kg-cm
ターンテーブル質量 2.35kg(マット含む)
慣性質量 350kg-cm2
負荷特性 0%(針圧250gまで)
回転数偏差 0.0015%
トーンアーム型式 ダイナミックQダンプ、パイプ交換方式
ニュージンバルサポート
有効長 254mm
針圧可変範囲 0~3.0g
取付カートリッジ重量
(シェル含む)
4g~18g(サブウェイト使用時)
34gまで(SW-A75使用時)
アーム高さ可変範囲 ±3mm
キャビネット仕上げ ミラー仕上げローズ調
外形寸法 幅495x高さ209x奥行419mm
重量 14.0kg
付属 S字型ユニバーサルパイプ
別売 ストレートアームパイプ PH-200(¥9,000)
ストレートアームパイプ PH-100(¥7,000)
S字型ユニバーサルアームパイプ PH-300Y(¥3,000)
カウンターウェイト SW-A75(¥2,000)