オーディオの足跡

Victor/JVCの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

JL-B37Rの画像
 解説 

ハイトルクモーターを採用したレコードプレイヤー。

駆動モーターにはターンテーブルTT-71/TT-81に使用されたものと同じDC型12極24スロットの全周積分検出FGサーボモーターを採用しています。このモーターに余裕のある駆動回路と電源回路を付加することで、素早い立ち上がり特性と1kg・cm以上のトルクを得ています。
FG速度検出部はモーターに組み込まれており、180個の検出溝を持つ磁性円盤と180個に相当するプリントコイルが対向して配置されています。これにより1回転で180個のパルスがコイルに発生し、トータルの検出出力は180個に相当するコイル全体の出力を積分したかたちで現れます。これにより検出出力の誤差を実際上無視できる高い検出精度を得ています。

ターンテーブルにはゴムカバーリングを含めて2.15kgのものを採用しており、慣性質量350kg・cm2を達成しています。
外周部には33 1/3rpm用のストロボが刻まれています。また、45rpmの速度は33 1/3rpmにアジャストしておけば自動的に合うようにあらかじめ調整されていますが、センタープレートタイプのストロボで直接確認できるよう配慮されています。

トーンアームの軸受にはニュージンバルサポート方式を採用しています。この方式ではミクロン精度のラジアルベアリングをアーム軸中心点から等距離で対称に配置した構造となっており、動作上、中心点でのワンポイントサポートと等価とすることでジンバル方式とワンポイント方式の両方の長所を兼ね備えています。
アームパイプの内部には防振材を充填しており、空洞共振を低減しています。

アンチスケーティング機構にはクリック付きの方式を採用しています。また、大型ノブを採用することで操作性を向上させています。
また、カートリッジのコネクターにはテーパー状のシリンダーをプラグインナットで締め付けることでガタを防いだチャッキングロック式新型コネクターを採用しています。

ヘッドシェル部には溶湯鍛造ヘッドシェルを採用しています。
これは溶湯した純アルミを鍛造成型したもので、内部の空洞を無くして密度を高め、無共振化を徹底しています。

カートリッジには最高級カートリッジX-1の設計内容を継承したZ-1Sカートリッジを装備しています。

キャビネットには内部空間の少ない2重構造を採用することで大きなハウリング・マージンを得ています。
また、外観の仕上げはローズウッド調となっています。

別売オプションでアーム・サブウェイトがありました。

機種の定格
型式 レコードプレイヤー
<ターンテーブル部>
モーター FG検出DCサーボモーター
駆動方式 ダイレクトドライブ
回転数 33 1/3、45rpm
回転数調整範囲 ±2.5%
ワウ・フラッター 0.03%WRMS
SN比 62dB(IEC-B)
72dB(DIN-B)
ターンテーブル 32.8cmアルミダイキャスト製
起動特性 1/2回転(33 1/3rpm時)
<トーンアーム部>
型式 ニュージンバルサポートTH方式
スタティックバランス型
全長 330mm
有効長 245mm
トラッキングエラー +1゜48' -1゜31'
オーバーハング 15mm
針圧可変範囲 0~3g、0.25ステップ
取付けカートリッジ重量 15~23g(シェル含む)
<カートリッジ部>
型式 MM型
周波数特性 10Hz~25kHz
出力電圧 3.0mV(1kHz、50mm/sec)
セパレーション 25dB(1kHz)
インピーダンス 3.1kΩ(1kHz)
ダイナミックコンプライアンス 10x10-6cm/dyne(100Hz)
スタティックコンプライアンス 30x10-6cm/dyne
針先 0.5mil丸針ダイヤ
適正針圧 1.5~2.0g
自重 5.5g
交換針 DT-Z1S
<キャビネット部>
仕上げ ローズウッド仕上げ
ダストカバー フリーヒンジ付き
フット アイソレーター
<総合>
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 5.5W
外形寸法 幅490x高さ176x奥行411mm
重量 11.0kg
別売 アーム・サブウェイト SW-37(¥1,500)