オーディオの足跡

Victor/JVCの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

JL-B33Hの画像
 解説 

SRP-B33Mをベースに無共振・無振動化が図られたレコードプレイヤー。

駆動部にはベルトドライブ方式を採用しており、駆動モーターには6極ヒステリシス・シンクロナス・アウターローターモーターを採用することで安定した回転を実現しています。また、ベルトには厳選されたポリウレタン系ベルトを採用しています。

ターンテーブルは精度の高いアルミ合金ダイカスト製を採用しています。

トーンアームにはJL-B55シリーズなどにも使用されたTH(トレーシング・ホールド)方式を採用しています。
TH方式ではアーム可動部の重心を低く設計する事によってアームのトレーシング能力を向上しています。また、正しい位置に戻ろうとする力が働くため、反りのあるレコードなども安定したトレーシングが可能です。
さらに、0.1g目盛で3gまで直読できる加圧機構やオイルダンプ式アームリフター、糸吊り式のインサイドフォースキャンセラーを搭載しています。

トーンアームの共振を防ぐためアームパイプ内にダンピング材をつめたり、強度の大きいインパクト・プレス製ヘッドシェルを採用しています。

出力コードにはCD-4にも対応した低容量コードを採用しています。

カートリッジにはMM型カートリッジを採用しています。
このカートリッジは0.5milダイヤモンド針によるハイ・コンプライアンス・タイプとなっています。また、針先を4DT-1Xに差し替えることでCD-4用にも使用できます。

厚手の金属で作られたモーターボードの裏面に、特殊な防振対策NR(Non-Resonance)コーティングを施すことでSN比を向上しています。
また、キャビネット部には25mm厚の組固め構造を採用することで外部振動を抑えています。

ハウリングを防ぐため、ゴム足には特殊な形状を採用しています。

速度の切換はプッシュボタン式を採用しています。

カートリッジを交換した時に正しい針先の位置を確認するため、サイン・ランプと兼用のオーバーハング指示ポイントが設けられています。

アーム部にはオイルダンプ式のアームリフターが付けられています。

シェルスタンドが2個用意されており、カートリッジを取付けたままのシェルを立てておくことが出来ます。
また、レコードクリーナーなどの小物を収納できるアクセサリースペースを搭載しています。

アクリル製のダストカバーが付属しています。
フリー・ヒンジで好きな角度で使用できるだけでなく、不要な場合には取り外すこともできます。

機種の定格
型式 レコードプレイヤー
<ターンテーブル部>
モーター 6極ヒステリシス・シンクロナス型アウターローターモーター
駆動方式 ベルトドライブ方式
ターンテーブル 31cmアルミダイキャスト製
回転数 33 1/3、45rpm
ワウフラッター 0.06%以下WRMS
SN比 57dB以上
<トーンアーム部>
アーム型式 TH方式スタティックバランス型
全長 307mm
アーム有効長 220mm
トラッキングエラー ±2゜
オーバーハング 15mm
適合カートリッジ重量 12g~32g(シェル含む)
針圧可変範囲 0~3g、0.1g間隔
<カートリッジ部>
型式 MM型
周波数特性 10Hz~25kHz
出力電圧 2.0mV(1kHz、50mm/s)
出力バランス ±1.0dB以内
チャンネルセパレーション 25dB以上(1kHz)
インピーダンス 2.4kΩ
負荷抵抗 47kΩ~100kΩ
コンプライアンス 25x10-6cm/dyne
最適針圧 1.5g~2.0g
針先 0.5milダイヤモンド針
自重 7.0g
交換針 2ch用:DT-33G(¥3,600)
CD-4用:4DT-1X、4DT-5X
<キャビネット部>
モーターボード 鉄板1.6t、特殊防振NRコーティング
黒色レザー塗装仕上げ
キャビネット 25mm厚ソリッド材
アルファーローズ仕上げ
ダストカバー アクリル・フリーヒンジ
フット アイソレーター
<その他>
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 13W(50Hz)
12.5W(60Hz)
外形寸法 幅490x高さ195x奥行410mm
重量 10.0kg