オーディオの足跡

P-3030の画像
 解説 

セパレートアンプならではのクオリティと多彩なコントロール機能を追及しながら薄型設計に挑戦したコントロールアンプ。

MCヘッドアンプ部には、SN比の改善に効果的なFETを厳しくノイズ選別して使用するとともに、FETの特徴を生かした回路構成を採用することで、優れたSN比と低歪率を実現しています。

MCヘッドアンプ以下、イコライザー、トーンアンプなど全ての信号回路に入力部のカップリング・コンデンサーを取り去ったICL(インプット・コンデンサー・レス)回路を採用しており、低域の過渡特性や位相特性の大幅な改善に成功しています。
また、初段にはいずれもノイズ選別されたFETを使用しており、さらにイコライザーとトーンアンプはダブル差動入力としています。この回路は歪の低減に極めて効果的で、ICL回路との相乗効果によって全高調波歪率0.005%を実現しています。

ボリュームには新開発のハイリニア・ボリュームを採用しています。
このボリュームは、抵抗体材料の均質化や製造工程の改善によって電流歪を0.003%以下、電圧歪を0.0005%以下に抑えており、小音量時の音量対歪のリニアリティを格段に向上させた特殊構造となっています。また、このボリュームはトーンアンプの前後に配したツイン構成の連動型となっているため、小音量時の残留雑音を効果的にカットしています。

電源部にはリーケージフラックスの少ない高効率なカットコア・トランスを使用しており、全段に安定化電源を供給しています。また、ACコードには15Aの大容量コードを採用しています。

各種カートリッジに対して最適な特性を得るため負荷抵抗4段階、負荷容量4段階の切換えが可能です。
また、100Ωポジションを搭載することで高出力MCカートリッジにも対応を図っています。

相互ダビングのできる2系統テープセレクターを搭載しています。

サブソニックフィルターや-20dBミューティングスイッチを搭載しています。

2系統の出力端子を搭載しています。

電源ON/OFF時のノイズを防ぐリレー式ミューティング回路を内蔵しています。

機種の定格
型式 コントロールアンプ
回路方式 MCヘッドアンプ:FET・ICL
イコライザーアンプ:初段FETカスコード・ダブル差動同相帰還ICL
トーンアンプ:初段FETカスコード・ダブル差動同相帰還ICL
入力感度/インピーダンス Phono1/2 MM:2.0mV/100Ω、33kΩ、47kΩ、100kΩ/100pF、220pF、330pF、479pF
Phono3 MC:0.1mV/30Ω
Tuner、Aux、Tape play 1/2:140mV/50kΩ以上
出力レベル/インピーダンス Tape rec:140mV/2kΩ以下
Output1/2:1V/600Ω(定格)、20V(最大)
Phono最大許容入力
(RMS、1kHz)
Phono1/2 MM:300mV(THD0.01%)
Phono3 MC:1.5mV
高調波歪率(1kHz) Phono1/2 MM:0.005%以下(出力20V)
Phono3 MC:0.1%以下(出力1V)
Aux:0.005%以下(出力20V)
周波数特性 Phono1/2 MM:RIAA(20Hz~20kHz) ±0.5dB
Phono3 MC:30Hz~20kHz ±0.5dB
Aux:10Hz~40kHz ±0.5dB
SN比(定格1V出力時
RMS/IHF-Aネットワーク)
Phono1/2 MM:68dB/76dB
Phono3 MC:58dB/66dB
Aux、Tuner:91dB/96dB
サブソニックフィルター 18Hz、-6dB/oct
ACアウトレット 電源スイッチ連動:2系統、Total 600W max
電源スイッチ非連動:1系統、700W max
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 10W(電気用品取締法基準)
外形寸法 幅420x高さ61x奥行348mm
パネル高さ:49.5mm
重量 5.8kg