オーディオの足跡

Victor/JVCの製品をヤフオク!で検索

M-7050の画像
 解説 

スーパーAサーキットを採用したラボラトリーシリーズのステレオパワーアンプ。

スイッチング歪の無いAクラスアンプを高効率化するために開発されたスーパーAサーキットを搭載しています。
スーパーAではパワーステージのバイアス電圧を固定せずに入力信号に応じて自動制御しています。これによりパワートランジスタは常にONの状態を維持しながら信号の大きさに応じて電力利用を行い、Bクラスに近い効率を獲得しています。
しかもこのスーパーAバイアス回路は従来のAクラスパワーステージよりもさらに優れた直線性と低歪率を実現しています。また、スーパーAでは負荷インピーダンスに逆比例した理論どおりの出力特性を得ることも容易となっており、インピーダンス特性にうねりの多いスピーカー付加に対して忠実度の高い信号を送り込むことが可能です。

スーパーAでは、パワーステージだけでなくドライバステージにも独自の構想を盛りこんでおり、オーバーオールで優れた歪率を実現しています。
一般的なドライバーステージではパワーステージほどの電力を使わないためAクラス動作が良く使われています。しかし、Aクラスでも半導体自身がもつ非直線性をカバーすることができません。スーパーAでは半導体の使用法を再検討しており、入力信号レベルによって変化していたエミッタ接地回路静特性の動作軌跡を一定にすることで、従来のドライバステージと比べて1/10以下という低歪率化を実現しています。

電源部には、容量500VA、自重15kgの特殊構造トランスと、超高域までローインピーダンス低歪率を保つ電解コンデンサーを採用しています。また、パワーステージとドライバーステージの動的干渉ひずみにも配慮がされています。

鉄などの非磁性体による歪を抑えるため、シャーシベースにアルミ材を使用しています。また、信号回路のパーツからも磁性体を排除し、磁気歪の徹底追放を図っています。

ダイレクトアウトと同等のローインピーダンスを保つリレー式スピーカーセレクターを搭載しています。

色調切換式イルミネートスケール大型パワーメーターを搭載してます。
このメーターでは保護回路の動作が確認できます。

高信頼性ガラスエポキシ基板を採用しています。

入力端子はダイレクト(DC)とサブソニック(AC)の2系統を搭載しています。

レベルコントロールを搭載しています。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
回路方式 スーパーA完全デュアルFETカスコード接続ICLパワーアンプ
実効出力 150W+150W(20Hz~20kHz、8Ω、THD0.003%)
全高調波歪率 0.003%(実効出力時、20Hz~20kHz、8Ω)
0.0004%(実効出力時、1kHz、8Ω、By HP・IB Audio Analyze System)
0.03%(実効出力時、20Hz~100kHz、8Ω)
混変調歪率 0.003%(60Hz:7kHz=4:1、実効出力時、8Ω)
スイッチング歪 0
TIM歪 0(LPF fc=100kHz)
出力帯域幅 5Hz~100kHz(IHF、両ch動作、8Ω、THD0.02%)
周波数特性 DC~300kHz +0 -3dB(Direct入力、8Ω)
ダンピングファクター 200(1kHz、8Ω)
入力感度/インピーダンス 1V(入力VR最大)/47kΩ
SN比 120dB以上(IHF-A、ショート・サーキット)
サブソニックフィルター 18Hz、-6dB/oct.
電源コンセント unswitched:1系統
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 330W(電気用品取締法)
外形寸法 幅420x高さ160x奥行415mm
重量 28.7kg