オーディオの足跡

SX-L5の画像
 解説 

DVDオーディオなどの超高域を持つソースに対応するため、2ウェイ+スーパートゥイーター構成を採用したスピーカーシステム。

低域には18cmバランスド・オブリコーン型ウーファーを搭載しています。
バランスド・オブリコーンでは、駆動点をオフセンターに配置することによって中高域の共振を分散しており、滑らかな特性を実現しています。また、コーン紙にはクルトミューラー・コーンを採用しています。
このウーファーは低音からの殆どの基音帯域をカバーしています。

中域には3cmソフトドーム型トゥイーターを搭載しています。
中域の密度間を重視するため、振動板には強靭な麻にゴムの多層塗布を施したソフトドーム振動板を採用しおり、これをフェライト・ダブルマグネットでドライブしています。
また、フレームにはアルミダイキャストを採用しています。

高域には1.9cmピュアアルミドーム型トゥイーターを搭載しています。
このユニットの振動板には、よりナチュラルな音を追及するため純金プレーティングが施されています。また、超高域の輻射を滑らかにするため、エッジイコライザーやフレーム形状を最適化や、ショートホーンによる指向性の改善を施しています。さらに、三次元形状のスーパーソニックディフューザーを装備しています。
磁気回路にはネオジウムマグネット内磁型磁気回路を採用しています。

超音波帯域の指向性を広げることで空気感の再現を図るため、トゥイーターユニットは回折効果を低減した独立小型キャビネットにマウントされています。

キャビネット上部はスーパートゥイーターのキャビネットと一体感を持たせたテーパー仕上げが施されています。また、フロントバッフルには30mm厚の針葉樹系MDFを採用しています。
外観はメープル突き板が使用されており、25工程に及ぶウレタン塗装によって光沢のある鏡面仕上げとしています。

別売で専用のスピーカースタンドがありました。
このスタンドは本体と同一の素材を用いることで響きを調和させています。また、無垢材とパーティクルボード(5層構造)の組合せによって鳴きや振動を抑えています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型・防磁設計(JEITA)
ユニット 低域用:18cmオブリコーン型
中域用:3.0cmドーム型
高域用:1.9cmドーム型
定格インピーダンス
最大入力(JIS) 120W
出力音圧レベル 88dB/W/m
周波数特性 35Hz~80kHz
クロスオーバー周波数 3.5kHz、12kHz
外形寸法 幅218x高さ476x奥行345mm
重量 9.5kg
別売:スピーカースタンド LS-L5(1台、¥20,000)
外形寸法 幅294x高さ449x奥行330mm
重量 5.6kg