オーディオの足跡

SX-700spiritの画像
 解説 

小さな音量でも、音楽バランスを崩さずに表現するように開発されたスピーカーシステム。

低域には25.0cmのコーン型ウーファーを搭載しています。
振動板の素材にはクルトミューラー社製のコーンを採用しています。さらに、コーン表面にコニカルドームを採用することで、ウーファーの軽さを生かしながら振動板の剛性を向上し、さらに放射特性も改善されています。

中域には5.5cmソフトドーム型スコーカーを搭載しています。
振動板には麻を素材としたソフトドームを採用しており、ナチュラルなと特性を獲得しています。さらに、スコーカーの前面にはショートホーンを装備しており、放射特性を大きく改善し、音の乱れを防ぐラウンド形状アルミダイキャストフレームとあいまって高密度の再生を実現しています。

高域には3.5cmソフトドーム型トゥイーターを搭載しています。
このユニットの振動板には、一眼レフカメラのシャッター膜にも使用されている羽二重の絹を使用しており、気密性などの向上を図るために布から成型して手作業により薄膜ゴムを均一にラミネートしています。これにより軽く、しかも腰がある振動板を実現しており、トランジェントに優れていて、指向特性も大きく改善されています。
また、新設計のラウンド形状アルミダイキャストフレームを採用することで音の乱れを低減しています。

全ユニットの磁気回路にはアルニコマグネットを使用しています。
アルニコは、ニッケル、コバルト、アルミニウム等で構成された合金で、フェライトマグネットと比べ、高密度で均一な磁束分布が可能など、優れた磁気特性を誇っています。例えば、電気抵抗値は45μcmと、従来のフェライト(10,000μcm)の約1/200です。
このアルニコの優れた特性を生かすため、ウーファーとトゥイーターでは磁気抵抗の少ない内磁型を採用しています。また、スコーカーでは振動系の背圧を逃がすリング型を採用しています。

音質に大きな影響を与えるフロントバッフルには、適度な内部損失と音速、さらに高い曲げ剛性を持つパイン材MDFを採用しており、さらにこの裏面に単板2mm厚のスプルースを重ねることで、音の広がりを追求してます。
外観は自然材オークの突き板仕上げとなっており、入念な塗装を施すことで、木の質感を向上するとともに美しい響きを獲得しています。さらに、ビクター独自のサウンドインテンシティ法による新Gラインユニットレイアウトを採用することで、明確な音像定位と自然な音の広がりを実現しています。さらに、高速高圧組固めによって極めて剛性の高いキャビネットを実現しています。

吸音材には天然素材である100%ウールを使用しており、固有音を抑えてます。

バイワイヤリングに対応した金メッキ入力端子を採用しています。
この端子はバナナプラグにも対応しています。

別売りスタンド(LS-10-M)もシステムの一部として開発されています。
4点式でスピーカー底部を支えることで振動モードを分散し、タイトな響きを確保しています。また、素材には高比重のホワイトアッシュ、無垢材を採用しています。
形状も音響的に見直し、4本の独立した支柱を組み合わせた形とすることで振動を抑えています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・密閉方式・フロア型
ユニット 低域用:25.0cmコーン型
中域用:5.5cmショートホーン付ドーム型
高域用:3.5cmドーム型
インピーダンス
最大入力(EIAJ) 180W
周波数特性 40Hz~30kHz
クロスオーバー周波数 560Hz、5kHz
出力音圧レベル 90dB/W/m
外形寸法 幅320x高さ580x奥行329mm
重量 20.0kg
付属 ターミナル用フェルト
別売:スピーカースタンド LS-10-M(2台1組、¥50,000)
外形寸法 幅319x高さ300x奥行き319mm
重量 4.3kg(1本)