オーディオの足跡

SX-500DOLCEの画像
 解説 

ローレベルにおいてのリニアリティに目標を置き、開発された2ウェイスピーカーシステム。

低域には20cmのコーン型ユニットが採用されています。
振動板には、クルトミューラー社製のコーンが採用され、その特性をより高めるために、独自のノウハウのコーディング剤をバックコートし、再生レンジを拡大しています。
また、小音量時でもダイナミックな音を再生するためにスパイダーサスペンション(蝶ダンパー)で支持しています。このダンパーは、今までの蝶ダンパーを基本に、試聴とコンピューター解析を繰り返し、形状を決定しています。

高域には3.5cmのドーム型ユニットが採用されています。
羽二重の絹を素材として使用しており、その成形後に多層塗布法により、薄膜ゴムをラミネートしています。

低域、高域のユニットそれぞれに磁気特性のすぐれた内磁型アルニコ磁気回路を加え、純度99.9999%の6N銅線ボイスコイルを採用しています。

キャビネットは中低域の厚みと自然に減衰する美しい音を求めて、9層構造のバッフルボードを採用しています。
カラ松ランバーコアを高密度高剛性針葉樹の3プライ積層板でサンドイッチし、さらに表面をオークのつき板シアゲとした9層構造としています。
また、ターミナル部の強度を増すために、背面をフラット化。振動モードをシンプルにしたため、自然な減衰特性が得られています。
さらに新Gラインユニットレイアウトなど、ビクター独自のキャビネット技術を投入しております。
内部の吸音材にはウール100%を採用しています。

ネットワークにはビクター独自のOFC(無酸素銅線)を使用し、各ユニットは独立敗戦で内部干渉を防止しています。
また、カシメ接続で接点ロスをなくし、ターミナルには金メッキを採用しています。

別売りのスピーカースタンドは支柱を針葉樹系高密度パーチクルのコアとしたホワイトアッシュで挟み込んだ表面つき板シアゲとし、MDFパイン材の地板を採用しています。

機種の定格
方式 2ウェイ・2スピーカー・密閉方式・ブックシェルフ型・防磁型(EIAJ)
ユニット 低域用:20cmコーン型
高域用:3.5cmドーム型
インピーダンス
定格入力(EIAJ) 45W
最大入力(EIAJ) 180W
周波数特性 40Hz~30000Hz
クロスオーバー周波数 3000Hz
出力音圧レベル 90dB/W/m
外形寸法 幅270x高さ454x奥行293mm
重量 12.5kg
付属 スピーカーコード(3mx2)
ターミナルプロテクター
別売 スピーカースタンド LS-500D(2台1組、¥35,000)