オーディオの足跡

Victor/JVCの製品をヤフオク!で検索

FB-7の画像
 解説 

バックローディングホーンを採用した2ウェイフロア型スピーカーシステム。
ユニットには業務用途を想定して単独に開発が進められたものを採用しており、システムに合わせてユニットを開発するのではなく、ユニットにあわせたシステム開発がされています。

低域にはホーレー社製のコーンを使用した30cmユニットを採用しています。
等価質量が35gに満たない振動系とボトムヨーク内磁型にアルニコVマグネットを使用することで、微小入力のリニアリティに優れ、ダイナミックレンジを拡大しています。
また、磁気回路に熱処理を施し、電流歪を軽減しさらにボイスコイル100mm径のエッジワウンドボイスコイルを採用し、低歪な駆動力を得ています。

高域にはホーン型ユニットが採用されています。
このユニットはカットオフ周波数1000Hzのエクスポーネンシャルカーブの中心にドリップ型ディフューザーを入れることで開口付近を通常のホーンより拡がりを大きく持たせることで、指向特性を改善すると共に音響中心をホーンの前縁近くまで引き出しています。
直径33mmのダイアフラムはアメリカ製40ミクロン耐蝕アルミを機械歪の少ない独自のエアー成形法で加工しています。
磁気回路には磁気漏洩の少ないボトムヨークの内磁型アルニコVマグネットを使用し、磁束密度は14000ガウスに達しています。

エンクロージャーはバックローディングホーンとすることで低域は高能率な放射を得ています。

機種の定格
方式 2ウェイ・2スピーカー・バックローディングホーン方式
・フロア型
ユニット 低域用:30cmコーン型
高域用:ホーン型
インピーダンス
最大入力 100W(ミュージックパワー)
出力音圧レベル 102dB/W/m
周波数特性 30Hz~20000Hz
クロスオーバー周波数 2000Hz
レベルコントロール 定抵抗連続可変型
外形寸法 幅535x高さ975x奥行560mm
重量 56kg