オーディオの足跡

MCS1の画像
 解説 

THIEL伝統のコヒレントソース思想をミドルサイズブックシェルフにまとめたスピーカーシステム。

MCS1ではメカニカル同軸ツィーター/ミッドレンジユニットを採用することでバーチカルツイン方式のセンターである中高域ユニットを広帯域化しています。これによりクロスオーバー周波数を2本のウーファーユニット間隔より波長の短い約800Hzにまで引き下げることが可能となり、各ユニットの音波を全周波数にわたって一つの球面波で統一し、従来のバーチカルツイン方式で望めなかった相互干渉の無い仮想同軸化を実現しています。

低域には6.5inchのコーン型ウーファーを2個搭載しています。
このユニットにはショートコイル/ロングギャップ磁気回路や、エネルギー蓄積を最小限に抑えた高剛性メタルダイアフラムなどの先進技術を採用しています。また、すり鉢現象による中高域ユニットからの音波回折を防ぐため、背面を成型ポリスチレンで強化して絞りを浅く設計しています。

中高域には3.5inchコーン型ミッドレンジと1inchドーム型ツィーターを組み合わせた同軸ユニットを搭載しています。
このユニットは単一の磁気回路でツィーターとミッドレンジの2つのメタルダイアフラムをドライブする構造となっており、電気的なクロスオーバー処理が不要なメカニカル同軸方式のため、3ウェイシステムでありながら2ウェイ構成の1次ネットワークで駆動でき、位相回転やクロスポイント周辺でのレスポンスの乱れを排除しています。

バッフル面は各ユニットの時間軸を揃えながら回折作用を回避する滑らかなラウンドバッフルを採用しており、さらに3inchのバッフル厚を持たせた頑強なエンクロージャー構造を採用しています

外観の仕上げはアンバーウッドとブラックアッシュの2色のバリエーションがありました。

MCS1はMCS1のみを用いたマルチチャンネル再生や、リアにSCS3を組み合わせたマルチチャンネル構成、CS7.2やCS6などをフロントに用いた場合のセンター/リア用などでの使用を想定してデザインされています。

別売りで2種類のスピーカースタンドがありました。

機種の定格
方式 3ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式
・ブックシェルフ型・防磁設計
使用ユニット 低域用:6.5inchコーン型
中高域用:3.5inch同軸型
 中域用:3.5inchコーン型
 高域用:1inchドーム型
帯域幅 47Hz~23dB -3dB
周波数レスポンス 50Hz~20kHz ±2dB
フェイズレスポンス ±10゜以下
感度 90dB/2.8V/1m
インピーダンス 4Ω(最小3Ω)
推奨パワーアンプ出力 50W~300W
外形寸法 幅250x高さ720x奥行311mm
重量 27.7kg
別売 MCS1用スタンド
MCS1用センタースタンド