オーディオの足跡

ST-G90の画像
 解説 

ツインRF&IF自動切換え機能を搭載したFM/AMチューナー。

フロントエンド部には、ノーマルとスーパーナローのツインRF回路を搭載し、一層の高性能化を図っています。
ノーマル回路には、RF増幅素子・混合素子に4極MOS FETを採用し、局発部にもFETバッファを搭載しています。そして、スーパーナロー回路には4極MOS FETと3連ツインバリキャップ同調回路を付加し、全体として7連ツインバリキャップ同調回路を構成しています。
ST-G90では、この2つの回路を8bitマイコンによって自動切換えしており、常に最適の受信状態をキープしています。これによるRF相互変調スプリアスレスポンスを従来に比べて1MHzで約20dB改善しています。

IF部にもツイン回路を搭載しており、隣接チャンネル妨害波を自動的に排除しています。
この回路では、同調と同時に隣接して発生する妨害波を自動検出し、妨害波が±300kHz以内に存在するとスーパーナロー帯域(30dB±200kHz)に切り換わり、妨害波が認められない場合はノーマル帯域(55dB±400kHz)に切換えます。
ツインRF回路の搭載とあいまって、実使用における受信性能を大幅に向上しています。

FM信号強度表示を独立させることで、2dBステップで86dBまでの表示を可能にしています。

フロントエンド部とMPX回路をクォーツ制御するツインクォーツを採用しており、周波数ドリフトのない安定した同調精度と、実使用時の環境変化にも安定した高性能を実現しています。
また、DC構成を採用することで優れた周波数特性を獲得しています。

放送局を自動検索するオートスキャン・チューニングを搭載しています。

クォーツレックレベルチェック機能を搭載しています。

機種の定格
型式 FM/AMチューナー
<FMチューナー部>
受信周波数 76.1MHz~89.9MHz
実用感度(75Ω) 10.3dBf/0.9μV(IHF'58)
S/N比50dB感度(75Ω) mono:18.1dBf/2.2μV(IHF'58)
stereo:38.1dBf/2.2μV(IHF'58)
歪率 mono:0.009%
stereo:0.015%
ダイナミックレンジ 112dB(1kHz、100%mod、0dB)
周波数特性 4Hz~18kHz +0.2 -0.5dB
実効選択度 normal:55dB(±400kHz)
super narrow:30dB(±200kHz)
キャプチュアレシオ 1.0dB
イメージ妨害比(83MHz) 130dB
IF妨害比(83MHz) 130dB
スプリアス妨害比(83MHz) 130dB
AM抑圧比 55dB
ステレオセパレーション 70dB(1kHz)
57dB(10kHz)
リークキャリア(19kHz) -70dB
<AMチューナー部>
受信周波数 522kHz~1629kHz
実用感度(S/N比20dB) 20μV、290μV/m
選択度 50dB
イメージ妨害比 40dB
IF妨害比 40dB
<総合>
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 9.0W
外形寸法 幅430x高さ93.5x奥行282mm
重量 3.1kg