オーディオの足跡

SB-7000の画像
 解説 

リニアフェイズ理論に基づいて設計されたリニアフェイズスピーカーシリーズの原器にあたるスピーカーシステム。

テクニクス独自のリニアフェイズ理論が導入されています。
帯域が広く低歪率なスピーカーユニットの良い部分だけを特殊ネットワークで継ぐと共に、各ユニットの音響中心が側面から見て同一直線上に並ぶように配置し、さらに補正のために位置を多少前後させています。これにより音圧周波数特性と位相周波数特性の平坦化を図っています。
また、各ユニットを縦一列に配列させた上で可能な限り近接させることで優れた指向特性を実現しています。

低域には35cmコーン型ウーファーを搭載し、中域には12cmコーン型ミッドレンジを搭載しています。また、高域には新開発の角型ストロンチウムフェライトマグネットを用いた3.2cmドーム型トゥイーターを搭載しています。
これらのユニットは低歪率・高耐入力設計が施されています。

中域と高域には新方式のレベルコントロールを搭載しています。
このレベルコントロールは、レベル切換による位相特性への影響を低減するため、中音域と高音域に2つの反共振回路を挿入して、そのQ(共振の鋭さを表す係数)を変化させてレベル調整をしています。これにより基本的な特性の劣化を少なく抑えています。

エンクロージャーはダンプドバスレフ設計となっています。

受注生産扱いで、ホワイト仕上げのSB-7000Wと、ローズウッド木目仕上げのSB-7000MPの2種類のバリエーションもありました。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・リニアフェイズバスレフ方式
・フロア型
使用ユニット 低域用:35cmコーン型
中域用:12cmコーン型
高域用:3.2cmドーム型
インピーダンス
出力音圧レベル 93dB/W/m
瞬間最大入力 150W
外形寸法 幅480x高さ845x奥行410mm(ネット付)
重量 36.0kg(ネット付)