オーディオの足跡

Technics/Panasonic/Nationalの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

SL-1350の画像
 解説 

ダイレクトドライブの開発技術に加え、長年にわたる海外向けオートチェンジャーの技術を生かして開発されたダイレクトドライブオートチェンジャー。

専用のスピンドルを用いることで、LP盤あるいはEP盤やドーナツ盤を最高6枚まで連続演奏できます。
また、マニュアルスピンドルを用いれば、オートスタート/オートリターン/メモリピート/途中カットなどのフルオートプレイヤーの操作が可能です。

オートスタート機構はレバーの操作だけで、セットしたサイズのレコードの導入溝に静かに針先が降下し、レコード演奏開始時のアーム操作に気を使わずにレコード演奏が楽しめます。
また、SL-1350では1~5回のメモリピート機構を搭載しています。

モーターには独自の一体構造D.Dモータを採用しています。さらに、モータの回転部はターンテーブルと一体に、固定部はケースと一体化し、ケース、モータ、ターンテーブルの積み重ねが不要なため、性能と信頼性が向上しています。

機種の定格
型式 ダイレクトドライブオートチェンジャー
ターンテーブル 33cmアルミダイカスト製
モーター 超低速電子整流子モーター
回転数 33 1/3、45rpm
回転数切換方式 電子コントロール方式
回転数調整範囲 10%、各回転数単独調整可能
ワウフラッター 0.04%(W.R.M.S.、JIS・C5221)
SN比 58dB(IEC179B)
70dB(DIN45539B)
起動 1/2回転で正常動作(33 1/3rpm)
トーンアーム ユニバーサルS字型パイプアーム
針圧直読式、スタティックバランス型
ジンバルサスペンション方式
アンチスケーティングフォースコントロール装置
オイルダンプ式キューイング付
針圧調整範囲 0~3g、直読可変
適用カートリッジ重量 5g~11g
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 4W
外形寸法 幅453x高さ199x奥行366mm
重量 10.5kg