オーディオの足跡

Technics/Panasonic/Nationalの製品をヤフオク!で検索

SP-10の画像
 解説 

テクニクス技術陣が世界に先駆けて開発したダイレクトドライブ(直接駆動)方式のターンテーブル。

ダイレクトドライブ方式ではモータ自身がレコードと同じ速度で回転するため、ベルトやアイドラなどの減速機構が全くありません。これにより減速機構が原因で発生していた機械振動を皆無にしています。

ターンテーブルには重量2.8kg、慣性質量330kg・cm2のものを採用しており、一品一品厳密にダイナミックバランス調整がされています。

回転速度の切換えは、つまみの操作で電子的に行うため、切換え機構に起因する回転ムラがありません。
また、33 1/3、45回転それぞれ単独で回転速度の微調整が可能です。

機種の定格
型式 ダイレクトドライブターンテーブル
ターンテーブル 30cmアルミ合金ダイカスト製、2.8kg
慣性質量 330kg・cm2
モーター 20極60スロット超低速電子整流子モーター
駆動方式 ダイレクトドライブ
回転数 33 1/3、45rpm
回転数切替方式 電子切替方式
回転数微調範囲 可変抵抗器による各回転数単独調整
回転数調整範囲 ±2%
ワウ・フラッタ 0.03%以下(W.R.M.S.)
SN比(ランブル) 60dB以上
起動 1/2回転で正常動作(33 1/3rpm)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 5W
外形寸法 幅350x高さ90x奥行350mm
重量 9kg