オーディオの足跡

SH-9010Eの画像
 解説 

中心周波数、共振峰の調整により、微妙なf特のコントロールが可能なステレオ・ユニバーサル・フリケンシー・イコライザ。

左右のオーディオ帯域を5バンドに分割しています。

フリケンシーコントロールは、各帯域の中心周波数と、基準中心周波数から±1.6オクターブの範囲内で、連続的に変化できます。

バンドウィズスコンとおr−ルは、ピークやディップの鋭さを自由に変化でき、1/4オクターブ幅以下の微妙な補正も可能です。

スライド式ボリュームのバンドレベル・コントロールは、各帯域のレベルを中心周波数の位置で±12dBの範囲で連続的に変化できます。全てのスライド式ボリュームを中点に設定すると、10Hz~20kHzにわたって+0 -0.2dBの特性で、ウネリは殆どありません。

機種の定格
型式 ステレオユニバーサル・フリケンシー・イコライザ
出力電圧/インピーダンス(1kHz) 定格:1V/300Ω
最大:5V/300Ω
全高調波歪率(定格出力時) 0.02%
入力感度/インピーダンス(1kHz) 1V/47kΩ
周波数特性 10Hz~20kHz +0 -0.2dB
10Hz~70kHz +0 -3.0dB
利得 0±1dB
SN比(IHF-A、S=1V) 90dB
バンドレベルコントロール(5素子x2) ±12
中心周波数コントロール(基準周波数に対し) ±1.6oct(5素子x2)
バンドウィズスコントロール Q=0.7~7(5素子x2)
中心周波数(基準) 60Hz、240Hz、1kHz、4kHz、16kHz
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 6W
外形寸法 幅450x高さ92x奥行364mm
重量 5.8kg