オーディオの足跡

SU-A900の画像
 解説 

バーチャルバッテリーオペレーションはMOSクラスAAなどの高音質技術を搭載したプリメインアンプ。

パワーMOS-FETを採用することでテクニクス独自のMOSクラスAAを実現しています。
MOSクラスAA回路では、クラスAA出力段のA級動作電圧制御アンプにMOS-FETを採用しています。また、電流増幅アンプにはバイポーラトランジスターを採用することで、電流出力0という理想的な動作状態で優れたリニアリティを発揮しています。

電源部でのノイズを抑えるため、バーチャルバッテリーオペレーションを採用しています。
この回路では、基準電位発生回路をコンデンサーチャージに使用しており、音楽再生中はFET素子のゲートにコンデンサーから電圧が供給されています。このため、基準電位発生回路が効果的に遮断されオーディオ信号のノイズ汚染を防ぎます。

電源部には、断面が円形のコアにコイルを緊密に巻いたRコアトランスを採用しており、均一な磁束が形成されることで漏洩磁束を少なく抑えています。
また、コンデンサにはオーディオ専用に開発されたマスターシリーズコンデンサーを採用しています。このコンデンサーは電解液とアルミ箔を音質吟味するとともに、アルミ2層にレジン層を挟み込んだ3層ケースで自らの振動を効果的に制動しています。

シャーシ構造にはTHCB(テクニクス・ハイブリット・コンストラクション・ベース)を採用しています。
THCBでは硬質シャーシと硬質ラバーによる多層構造を採用しており、不要な振動を低減することで振動による音質への悪影響を抑えています。

ボリュームには、金メッキブラシや鏡面仕上げカーボン抵抗体、亜鉛制振ケースを採用することで高音質化を図っています。
また、モータードライブ方式を採用することで、リモコンでの音質調整が可能です。

金メッキ接点リレーによる端子直結の入出力切換えによって、高い信頼性を確保しています。

2系統のスピーカー端子を搭載しています。同時駆動(8Ω+8Ω)も可能です。

テクニクスのCDプレイヤーやチューナー、カセットデッキの操作が可能なシステムリモコンが付属しています。

機種の定格
型式 インテグレーテッドアンプ
定格出力 65W+65W(20Hz~20kHz、0.02%、6Ω)
50W+50W(20Hz~20kHz、0.01%、8Ω)
定格歪率 0.01%(20Hz~20kHz、定格出力、8Ω)
全高調波歪率 0.01%(20Hz~20kHz、定格出力-3dB、8Ω、10次高調波までの総和)
ダンピングファクター 60(8Ω)
負荷インピーダンス 4~16Ω(A、B)
8~16Ω(A+B)
周波数特性 Tuner、CD、Aux、Tape1/2:20Hz~20kHz +0 -0.3dB
                  3Hz~80kHz +0 -3dB
イコライザー偏差 30Hz~15kHz ±1dB
入力感度/インピーダンス Tuner、CD、Aux、Tape1/2:150mV/22kΩ
Phono MM:3mV/47kΩ
Phono MC:200μV/220Ω
トーンコントロール特性 Bass:±10dB(50Hz)
Treble:±10dB(20kHz)
S/N比 Tuner、CD、Aux、Tape1/2:83dB(EIAJ)
                  100dB(IHF'66)
Phono MM:80dB(EIAJ)
        100dB(IHF'66)
Phono MC:71dB(EIAJ)
        64dB(IHF'66)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 160W
外形寸法 幅430x高さ136x奥行365mm
重量 9.4kg
付属 システムリモコン