オーディオの足跡

Technics/Panasonic/Nationalの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

SU-8080の画像
 解説 

より忠実な波形伝送を実現するために、インテグレーテッドDC構成を採用したプリメインアンプ。

ハイレベル入力をダイレクトに駆動するDCメインアンプ部は、初段差動増幅器、純抵抗負荷の電圧増幅段、エミッタフォロワと2段ダーリントン接続の出力段で構成されています。さらにハイレベル入力をダイレクトに駆動するために、ゲインを42dBまで高めています。

左右独立の電源回路構成とすることで、トランジェント歪を低減しています。
また、電圧増幅段の供給電源を全て定電圧とし、クロストーク歪だけでなく自チャンネル内のセルフトランジェント歪も極小に押えています。

トランスには厳重な磁気シールドをほどこし、イコライザ回路から最も離れた対角線上に配置するなど、低雑音設計を導入しています。

新開発の低雑音トランジスタM47Lを初段増幅器に採用することで、PhonoSN比を改善しています。
また、高精度なイコライザ素子の採用により優れた特性を得ています。

トーンコントロールには、中点でCRが信号系から外れるボリュームを採用しています。

イコライザサブソニックフィルタを搭載しています。

レジスタンス・キャパシタンス独立でカートリッジロードを4種に切換可能です。

機種の定格
型式 インテグレーテッドDCアンプ
<メインアンプ部>
実効出力(両ch同時駆動) 72W+72W(8Ω、20Hz~20kHz)
75W+75W(8Ω、1kHz)
全高調波歪率(1kHz、8Ω) 0.02%(定格出力時)
0.0015%(定格出力-3dB、36W出力時)
出力帯域幅(両ch駆動、8Ω) 5Hz~40kHz
周波数特性 20Hz~20kHz +0 -0.1dB
DC~100kHz +0 -3dB
SN比(IHF-A) 115dB
残留雑音 100μV
ダンピングファクター 70(8Ω)
入力感度/インピーダンス 1V/50kΩ
負荷インピーダンス Main or Remote:4Ω~16Ω
Main + Remote:8Ω~16Ω
<プリアンプ部>
入力感度/インピーダンス Phono1、2:2.5mV/27kΩ、47kΩ/low、high
Tuner、Aux、Tape deck1、2:200mV/35kΩ
全高調波歪率 0.01%
SN比(IHF-A、Main input:direct/via tone) Phono1、2:88dB/88dB
Tuner、Aux:106dB/100dB
周波数特性 Phono1、2:RIAA標準カーブ ±0.2dB
Tuner、Aux:20Hz~20kHz +0 -0.1dB
Phono最大許容入力(1kHz、RMS) 280mV
定格出力/インピーダンス Pre out:1V/1kΩ(定格)、9V/1kΩ(最大)
Rec out1、2:200mV
トーンコントロール Bass:±7.5dB(50Hz)
Treble:±7.5dB(20kHz)
フィルター EQ Subsonic:30Hz、-12dB/oct
High:10kHz、-6dB/oct
ミューティング -14dB
ラウドネスコントロール(Volume -30dB) +8dB(100Hz)
<総合>
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 172W
外形寸法 幅450x高さ140x奥行371mm
重量 13.5kg