オーディオの足跡

Technics/Panasonic/Nationalの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

SE-A5の画像
 解説 

SE-A1、SE-A3の思想とクオリティを継承し、さらにリニアフィードバック回路を搭載したステレオパワーアンプ。

シンクロバイアス回路とコンセントレーテッドパワーブロックからなるニュークラスA方式に、新たにリニアフィードバック回路を搭載しています。
この回路は、多重帰還回路技術の粋をつくして開発されたもので、NFBループ内にアンプの裸増幅度=∞を可能とするような独立した期間回路を形成し、理論値として、歪=0、素子や電源の影響のないピュアゲイン、逆起電力や線材の影響のないスピーカー駆動を実現しています。

シンクロバイアス回路を搭載しており、B級動作では交互に休止してしまう+側−側各出力トランジスタに、休止サイクルに同期して一定バイアスを供給し、出力段を常に能動状態において、スイッチング歪を解消しています。
さらに信号経路とバイアス電流経路を独立させているため、出力段は適切な動作点をキープしており、二乗特性を持つ高速ダイオードの働きとも相まって、クロスオーバー歪を解消しています。

出力段と電源部を巧妙な構成で一体化し、電磁界の悪影響を根本から断ち切ったコンセントレーテッド・パワーブロックを採用しています。
さらに、シャーシやカバーなどにシールド効果の高い磁性体を使用することで、外部誘導を抑えています。

電源部には10,000μFの電解コンデンサを4本採用しています。

full(120W+120W)とlimited(30W+30W)の出力切換スイッチを搭載しており、周囲の静かな時など、30Wの出力を巨大な電源で余裕十分に駆動する楽しみ方ができます。
limited選択時はメータ照明もoffとなり、消費電力も小さくなります。

純電子式の保護回路を搭載しており、スピーカー端子にDC成分が発生するようなことがあれば、リレーでスピーカーを切離します。
また、この回路はスピーカー端子のショートや異常な低インピーダンス負荷になった場合のアンプ保護にも動作します。

0.0001Wから300Wまでレンジ切換えなしに直読できる大型パワーメーターを搭載しています。
応答はBTS規格のVUメーターの特性に準拠しています。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
定格出力(20Hz~20kHz)
full時: 160W+160W(4Ω、0.003%)
120W+120W(8Ω、0.002%)
limited時: 40W+40W(4Ω、0.003%)
30W+30W(8Ω、0.002%)
全高調波歪率
定格出力時: 0.003%(20Hz~20kHz、4Ω)
0.002%(20Hz~20kHz、8Ω)
定格-3dB出力時: 0.001%(20Hz~20kHz、8Ω)
0.0005%(1kHz、8Ω)
TIM 測定不能
パワーバンド幅 5Hz~100kHz(THD 0.007%)
周波数特性 DC~20kHz +0 -0.1dB
DC~200kHz +0 -3dB
SN比 123dB
残留ノイズ 100μV
ダンピングファクター 140(8Ω)
負荷インピーダンス Main or Remote:4Ω~16Ω
Main & Remote:8Ω~16Ω
入力感度/インピーダンス 1V/47kΩ
出力メータ指示範囲 0.0001W~300W
-60dB~+5dB
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 full時:330W
limited時:100W
外形寸法 幅430x高さ178x奥行416mm
重量 18.4kg