オーディオの足跡

Technics/Panasonic/Nationalの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

SE-9060の画像
 解説 

回路技術の粋をつくし、どこまで高性能が追求できるか極限に挑戦したステレオパワーアンプ。

50W出力時で0.27%の裸特性を実現しています。これに、さらにNFをかけ、測定不能と言えるほどの特性の向上を図っています。

初段は低雑音で高ゲインが得られるカレントミラー負荷の差動増幅回路、電圧増幅段は歪率優先の純抵抗負荷、出力段は余裕のある電流増幅が可能な、3段ダーリントン接続の完全コンプリメンタリSEPP回路で構成されています。

動特性に優れた±6電源構成を採用しており、左右独立2電源方式で電源トランスを2個使用しています。

ミューティングを兼ねた保護回路を搭載しており、ショックノイズを防止しています。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
実効出力(両ch駆動) 70W+70W(8Ω、20Hz~20kHz)
72W+72W(8Ω、1kHz)
全高調波歪率 0.02%
出力帯域幅(両ch駆動、8Ω) 5Hz~50kHz -3dB
周波数特性 3Hz~150kHz +0 -3dB
20Hz~20kHz +0 -0.1dB
SN比(IHF-A) 115B
残留雑音 0.2mV
ダンピングファクター 70(8Ω)
入力感度/インピーダンス 1V/47kΩ
負荷インピーダンス Main or Remote:4Ω~16Ω
Main + Remote:8Ω~16Ω
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 168W
外形寸法 幅450x高さ92x奥行380mm
重量 10.6kg