オーディオの足跡

FC3000の画像
 解説 

アイシン高丘の持つ鋳鉄テクノロジーを投入したスピーカーシステム。

低域にはスキャンスピーク社製の18cmコーン型ウーファーを搭載しています。
このユニットの振動板にはノンプレスパルプコーンを採用しています。

高域にはディナウディオ社製の2.8cmソフトドーム型ツィーターを搭載しています。

ネットワーク部にはOFC仕様の大型空芯コイルなどの音質を重視したパーツを採用しています。
また、ネットワークにも制振対策を施すと同時にレイアウトも磁界や電流の影響を最小限に抑えた設計としています。さらに、高域用と低域用のネットワークを独立した2つの基板に分け、エンクロージャー内部の左右に非対称に取り付けることで相互干渉を防いでいます。
全ての接点は微小な信号の流れに配慮してハンダ合金の介在を排したカシメ接続としています。

エンクロージャーにはバスレフ方式を採用しています。
FC3000ではハイカーボン鋳鉄製のマウントリングと整振子を配置し、バスレフポートには鋳鉄粉をコートした制振シートをマイています。この構造にウォルナットの無垢材を組み合わせることで制振と響きを工事源でマッチングさせ、付帯音のまとわりつかない音を実現しています。また、マウントリングと整振子のそれぞれの用途に合わせて黒鉛の含有量を変えており、それぞれの効果を高めています。
板材は高比重の針葉樹系MDFを採用しており、両サイドは22mm厚のMDFと17mmのウォルナット無垢材の複合構造とし、残りの4面は24mm厚としています。さらに前後左右のバッフルを傾斜させることで定在波の防止とタイムアライメントの整合を図っています。
外観は黒色ピアノフィニッシュとウォルナットの光沢仕上げが施されています。

バイワイヤリングに対応したスピーカーターミナルを搭載しています。

別売りで推奨スタンドとしてFST-60Hがありました。
FST-60Hにはスパイク用プレートPTS-Fが付属しています。

機種の定格
方式 2ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
使用ユニット 低域用:18cmコーン型
高域用:2.8cmドーム型
周波数特性 40Hz~30kHz
インピーダンス
出力音圧レベル 88dB
最大入力 120W
クロスオーバー周波数 2.5kHz/12dB
外形寸法 幅285x高さ415x奥行374mm
重量 20kg
別売:スピーカースタンド FST-60H(1台、¥50,000)
外形寸法 高さ:60cm
天板:24x29cm
底板:36x42cm
スパイク用プレート:直径40x高さ16mm
重量 スタンド本体:28kg
スパイク用プレート:130g