オーディオの足跡

TANNOYの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

Monitor Redの画像
 解説 

Monitor Silverにさらに改良が施されて誕生した同軸型2ウェイユニット。このユニットからは15inchと13inchの2種類がありました。
一般的にはMonitorRedで知られていますが、正式にはMonitor 15"、Monitor 12"と言う名称で、磁気回路のカバーがレッド系のハンマートーンであるため、Monitor Redと呼ばれるようになりました。
日本では1964年にこのユニットを搭載したオートグラフを五味康祐氏が輸入したことで一躍有名になり、その後、日本でも若干販売されていたようです(当時の日本総代理店はシュリロ貿易でした)

Monitor Redでは耐入力が向上しています。

機種の定格
型名 Monitor 15" Monitor 12"
方式 15inch同軸2ウェイ 12inch同軸2ウェイ
再生周波数帯域 23Hz~20kHz 25Hz~20kHz
入力インピーダンス 16Ω 16Ω
磁束密度 L.F:13,500Gauss
H.F.:18,000Gauss
L.F:11,500Gauss
H.F.:15,000Gauss
ボイスコイル直径 L.F.:2inch
H.F.:2inch
L.F.:2inch
H.F.:2inch
共振周波数 27Hz 32Hz
マグネット重量 5.85kg 3.38kg
クロスオーバー周波数 1kHz 1.7kHz
最大入力(W) 50W 30W
総重量 6.53kg 3.38kg
付属 クロスオーバーネットワーク