オーディオの足跡

TD-500の画像
 解説 

ディフィニション・シリーズのラインナップで発表された、同軸ユニットと低域ユニットのダブルウーファーシステムを採用したスピーカーシステム。

低域には8インチの新開発のコーン型ユニットが採用されています。
同軸ユニットのウーファー部と同じ、カラーレーションが少なく過渡特性に優れたポレオレフィン・コ・ポリマーLFコーンを超精密CNCインジェクション・モールドで成型し、分割振動を抑えて伸びのある低域を獲得しています。

中高域には高域・低域それぞれに最適な磁束が得られるデュアル・マグネット方式を採用した8インチの同軸2ウェイユニットが採用されています。
トゥイーター部は振動板面からエッジまで等距離となるよう超精密成型したテクノウェーブ・ガイドを採用し、正確な球面波が高域の再生位相特性を高めています。
ウーファー部はポレオレフィン・コ・ポリマーLFコーンを採用し、外周から中心に向けて徐々に厚みが増すような精密CNCインジェクション・モールドで成型。剛性を高めるとともに、大音量時も分割振動を最小限に抑えます。

エンクロージャーは対抗する平面を持たない六角エンクロージャーとすることで、特定周波数での定在波の発生を抑えています。
また、エンクロージャー内部をインナーカーカスで補強した堅牢な構造とし、リジッドな中低域を確保し、さらにサブチェンバーを設けて8インチユニットのダブルウーファー駆動に最適な音響インピーダンスの整合を図り、不自然なボンビングを配した立ち上がりのよい低域レスポンスを得ています。
エンクロージャーの材質には18mm厚のMDF(メダイト)を採用し、不要振動や共振を追放しています。
また、表面仕上げはローズウッドの木目調仕上げとしています。

通常のスピーカーケーブル接続に加え、バイ・ワイヤリング/バイ・アンプ駆動に対応する入力端子のターミナルパネルを採用しています。

機種の定格
方式 3ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式・トールボーイ型
使用ユニット 低域用:20.3cmコーン型
中高域用:20.3cm同軸コーン型
周波数特性(±3dB) 40Hz~30000Hz
能率(1kHz) 91dB/W/m
最大許容入力(瞬間) 265W
連続許容入力(RMS) 110W
入力インピーダンス
クロスオーバー周波数 400Hz、1700Hz
エンクロージャー容積 50L
外形寸法 幅314x高さ934x奥行344mm
重量 28kg
付属 フットベース(4個)
スパイク(4個)