オーディオの足跡

TANNOYの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

Autograph(HPD385A)の画像
 解説 

1974年に生産が終了したAutographのエンクロージャーを1976年にティアックが国産化し、英国タンノイ社の厳密な品質審査により製造ライセンスを取得して復活させたモデル。

ユニットには15inch(38cm)口径の同軸型2ウェイユニットであるHPD385Aを搭載しています。
このユニットはコーン型ウーファーとホーン型トゥイーターを1個のマグネットで挟み、同軸上に組合わせた構造となっています。このため、ウーファーとトゥイーターのユニットから放射された音が同じ点で合成されるため、分解能や定位感が優れる利点を持っています。

オートグラフのエンクロージャーは背面が三角形にカットされたコーナー型で、全帯域を3つの異なるホーンで動作するオールホーン構造となっています。350Hz以下を複雑な音響迷路を持つバックローデッドホーンが受持ち、350Hzから1kHzまでをスピーカー前面のショートホーンが、1kHz以上はHPD385Aのホーントゥイーターが受持っています。
さらにエンクロージャーを部屋のコーナーにつけて設置するため、壁面と床でイメージホーンを形成し、バックロードホーンの延長として低域を補強しています。

クロスオーバーネットワークはロールオフとエナジーの2種類の調整が可能となっています。
ロールオフ調整は、5kHz以上の高い周波数を4段階に減衰でき、エナジー調整は1kHzから20kHzまでのトゥイターのレベル全体を5段階に増減できます。それぞれの調整つまみはLEVELの位置がノーマルポジションとなっています。
このネットワークには厳選した部品を用いており、低損失の無極性コンデンサーと、容量が大きく精度が高い抵抗やコイルを使用し、信頼性の高いファイバーグラスのプリント基板に組み立てられています。

機種の定格
方式 2ウェイ・1スピーカー・オールホーン方式・コーナー型
使用ユニット 全帯域用:15inch(38cm)同軸2ウェイ(HPD385A)
インピーダンス
外形寸法 幅1070x高さ1525x奥行730mm