オーディオの足跡

Arden Mk-IIの画像
 解説 

Ardenのユニットを変更したスピーカーシステム。

ユニットには、Ardenで使用されたHPD385Aから3828に変更されています。
ユニット構造の変更点は磁気回路で、バリウムフェライトマグネットが採用されています。
3828では外側のフレームが丸みがかった角形となっており、見分けが可能です。

トゥイーター全体のレベルを変えるエナジーと、高域を減衰させるロール・オフの2つのレベルコントロールを搭載しています。
日本のリスニングルームの音響特性を考慮し、「0、-1、-2、-3」から「+1、0、-1、-2」に変更されています。

背面の入力端子を従来より大型のものに変更し、芯線の太いコードに対応しています。

機種の定格
方式 2ウェイ・1スピーカー・バスレフ方式・フロア型
<ユニット部>
使用ユニット 3828
インピーダンス
Power Handling 85W
LF free air resonance 20Hz
Voice Coil diameter LF 50mm
Voice Coil diameter HF 50mm
LF Gap flux 0.9T(9,000gauss)
HF Gap flux 1.25T(12,500gauss)
HF Horn cut off frequency 500Hz
クロスオーバー周波数 1kHz
出力音圧レベル 91.5dB/W/m
マグネット バリウムフェライト
コーン素材 felted paper with Girdacoustic reinforcing struts
HFダイアフラム ジュラルミン
LF Bl factor Gauss/cm 20x106
クロスオーバータイプ 1007
<エンクロージャー部>
ポートチューニング周波数 30Hz
内容積 157L(5.8cu ft)
外形寸法 幅660x高さ990x奥行370mm