オーディオの足跡

ヤフオク!で中古オーディオを検索

PR99の画像
 解説 

スチューダールボックスの技術を全て注ぎ込んで開発したオープンリールデッキ。

メカニズム部にはキャプスタン用にFGサーボ・アウターローター型DDモーターを用いた3モーター方式を採用しています。
また、シャーシは耐久性に優れたダイキャスト製となっています。

操作系には軽いタッチのプッシュボタンによるフルロジック・コントロールを採用しています。
タイミングの良い電磁ブレーキやエアーダンプされたテンションアームなどの設計により、素早いモードの切替にも確実に対応しています。

3ヘッド構成のヘッドアッセンブリは一体化された大キャスト製となっており、高精度と耐久性を重視した設計となっています。

編集しやすさを重視した設計となっており、分厚いアルミ製のフロントプレートはフラットな形状となっています。
また、テープ編集時に使用する巻取りリール・ストップや、キューボタンなども装備しています。

信号系の入出力はバランスタイプとなっています。ただし、フロントパネルのマイク入力だけはアンバランスとなっており、オプションでバランスに変えることもできます。
入出力はそれぞれLR独立でコントロールできますが、キャリブレーションのポジションにすると入出力アンプのゲインが0dB固定となり、他の送り出しアンプなどを併用する使いこなしが可能です。この状態でもヘッドホン出力だけはコントロール可能となっています。

サウンドonサウンド、サウンドwithサウンド、モノラル録再、エコー録音などが可能です。

オプションユニットの追加によりバリアブルスピード可変やリモートコントロールなどが可能です。

機種の定格
型式 テープデッキ
トラック方式 2トラック・2チャンネル
テープ速度 19/38cm/sec
ヘッド構成 録音x1
再生x1
消去x1
モーター キャプスタン用:FGサーボAC・DDモーター
リール用:ACモーターx2
最大使用リール 10号
入力(0dB=0.775V)
Line:


Mic Low:
Mic High:
5kΩ+4dBm(キャリブレーテッド)
10dBアップ(アンキャリブレーテッド)
(バリアブル最大+22dBm、40Hz以上)
100Ω-70dBm(最大-36dBm)
100Ω-54dBm(最大+4dBm)
出力(0dB=0.775V)
Line:


Headphone:
50Ω+4dBm(キャリブレーテッド、ロード600Ω)
10dBアップ(アンキャリブレーテッド)
(バリアブル最大:+22dBm600Ω/+20dBm200Ω)
最大5.6V
イコライゼーション NAB 50・3180μs(19cm38cm)
早送り時間 約120秒(10号、830mテープ)
周波数特性 30Hz~20kHz +2 -3dB(19cm)
30Hz~22kHz +2 -3dB(38cm)
ワウフラッター 0.08%以下(19cm)
0.06%以下(38cm)
歪率 0.6%以下(19cm/38cm、0VU)
1.5%以下(+6dB)
SN比 66dB以上(19cm/38cm)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
外形寸法 -
重量 18.5kg