オーディオの足跡

ST-P7Jの画像
 解説 

PRECISEコンポのプリメインアンプTA-P7Fと同サイズのコンパクトボディにクリスタルロックデジタル周波数シンセサイザ受信方式を始めとする回路技術を投入したFM/AMチューナー。

経年変化や温度変化による同調ズレを抑えるクリスタルロック方式を、さらに一歩押し進めたDigital Frequency Synthesizer(周波数剛性)方式により、チューナー各ブロックの性能が常時フルに発揮できるように配慮されています。
FMは100kHz、AMは9kHzステップ受信ができます。

選局には自動的に同調周波数を探すオートチューニングと任意の局が選べるマニュアルチューニングをFM/AM共に搭載しています。
マニュアル/オートそれぞれの操作ボタンは独立しており、マニュアルチューニングではステップチューンとクイックチューンとに切換えられます。

4チップのマイクロプロセッサーMNOSメモリーICの採用によりFM/AMランダムに8局までプリセットが可能です。また、ラストステーションメモリー機能を搭載しており、電源スイッチOFF直前とFM/AMの切換前に選局した局をメモリーすることが可能です。

プリセットメモリーされた局順に約3.5秒間隔で自動的に呼び出せるメモリースキャン回路を内蔵しています。

パイロット信号のキャンセル機能内蔵により高セパレーション低歪率のMPX部を実現しています。

MOS FETによるRF増幅段と4段相当バリキャップによるFM純電子同調のフロントエンドにより、強電界入力時にも安定した受信を可能にしています。

IF増幅部に厳選したユニフェーズフィルタとIF用ICを採用し、選択度と歪率の両方を改善しています。

リードリレーを用いたミューティング回路により、音質を損なわずに局間ノイズをカットオフし快適な同調が可能です。

AM受信部はICとオートチューニング用に厳選したIF採用の純電子式チューナーを搭載しています。

5ステップのシグナルインジケーターを搭載しています。

機種の定格
型式 FM/AMチューナー
<FMチューナー部>
受信周波数 76MHz~90MHz
アンテナ 300Ω平衡型
75Ω不平衡型
実用感度 1.8μV(IHF)
SN比50dB感度 mono:3.5μV(IHF)/16.1dBf(新IHF)
stereo:4.0μV(IHF)/37.3dBf(新IHF)
SN比 mono:77dB
stereo:72dB
キャプチャーレシオ 1.0dB
AM抑圧比 60dB
イメージ妨害比 80dB
IF妨害比 100dB
スプリアス妨害比 100dB
実効選択度 45dB(300kHz)
85dB(400kHz)
歪率
mono: 0.06%(100Hz)
0.06%(1kHz)
0.06%(10kHz)
stereo: 0.08%(100Hz)
0.08%(1kHz)
0.15%(10kHz)
ステレオセパレーション 48dB(100Hz)
50dB(1kHz)
45dB(10kHz)
周波数特性 30Hz~15kHz +0.2 -0.5dB
出力レベル/インピーダンス 750mV/4kΩ
<AMチューナー部>
受信周波数 531kHz~1611kHz(9kHzステップ時)
感度 250μV/m
SN比 50dB
イメージ妨害比 35dB
歪率 0.5%(500mV/m、400Hz)
選択度 35dB(9kHz)
<総合>
使用半導体 トランジスタ:31個
FET:3個
IC:16個
ダイオード:51個
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 14W
外形寸法 幅215x高さ80x奥行330mm
重量 3.5kg