オーディオの足跡

SONY/ESPRITの製品をヤフオク!で検索

SS-G777ESの画像
 解説 

あくまで自然な響きとリアルな音場再生を求めて、ソニーがもてる技術とノウハウの全てを投入したプレステージモデルのスピーカーシステム。

低域には30cmのコーン型ユニットを採用しています。
振動板に、単一方向性のカーボン繊維(ユニディレクションファイバー)を採用しています。56分割したカーボン繊維を振動板の駆動点であるネック部から円周へ向けて放射状に引き揃えることで、ボイスコイルからの振動がよりピュアにスムーズに振動板へ伝わり、また、外周からコーンネック部へ向かってカーボン繊維の密度が上がるため、振動板として理想的な強度分布を得ています。
さらに、カーブドコーン状としたために、カーボン特有の鳴きが抑えられています。
また、磁気回路には、フェライトの200倍以上の導電率と約1/4の低磁気抵抗をもつアルニコマグネット、及び、巻幅24mmのロング無酸素銅エッジワイズドボイスコリを採用しています。
さらにフレームには、重量4.2kg、平均肉厚10mmの重量級MCマウンド型アルミダイキャストフレームを採用し、しっかりとホールドしています。

中域には6.5cmのドーム型ユニットが採用されています。
ファインセラミックスの中でも特に優れた特性を持つSiC(炭化ケイ素)を無垢材として使った純度99.9999%のSiCファインセラミックス振動板を採用しています。優れた熱伝導率や耐熱性、伝播速度(12,600m/s・パルスエコー法)などのSiCのメリットを十二分に生かし、優れた中域再生を可能にしています。
また磁気回路には、ウーファーと同じく、大型アルニコマグネットと、口径φ65mmの無酸素銅エッジワイズドボイスコイルを採用し、さらにフレームには通常のアルミダイキャストの20倍以上の減衰特性をもつ特殊吸振合金製アルミダイキャストフレームや低歪磁気回路、純銅製バックチャンバーなどを用いています。

高域には2.5cmのドーム型ユニットが採用されています。
中域と同様にSiCファインセラミック振動板を採用しており、優れた伝播特性によって50,000Hzまで帯域を拡大しています。
磁気回路にはアルニコマグネットを採用し、フレームは吸振合金製としています。

ネットワークは、各ユニットのネットワーク間だけでなく、回路間、パーツ間の電磁的な干渉を抑える分散配置を行っています。
また、リニアリティの良い空芯コイルやヨーロッパ製のメタライズド・ポリプロピレン・フィルムコンデンサーなど良質パーツを厳選して使用し、さらに低損失化のため各素子を無ハンダ結線するなど、音質のための細かな配慮がされています。

スピーカーターミナルはバイワイヤリング接続が可能な2系統のものを装備し、高域用、低域用にそれぞれ固有ネットワークをもたせてあります。

エンクロージャーには、試聴と試作を繰り返したアコースティック・フォルムを採用しており、独特の形状をとることで、エンクロージャーの鳴きをプラス要素に転化させ、より自然な響きを求めています。
バッフル板には特殊積層合板を用い、表面に大きなテーパーをつけることで音の回折現象を抑制しています。

別売りで専用スピーカースタンドWS-777がありました。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・密閉方式・ブックシェルフ型
ユニット 低域用:30cmコーン型
中域用:6.5cmドーム型
高域用:2.5cmドーム型
再生周波数帯域 25Hz~50000Hz
出力音圧レベル 89dB/W/m
インピーダンス
定格最大入力 100W
瞬間最大入力 200W
クロスオーバー周波数 450Hz、5500Hz
外形寸法 幅430x高さ740x奥行360mm
重量 47kg