オーディオの足跡

SONY/ESPRITの製品をヤフオク!で検索

TC-WR950の画像
 解説 

スーパーバイアス方式やツイン・ドルビーシステムを搭載した録再リバース・ツインカセットデッキ。

ハイスピード時の音質を大きく向上させるスーパーバイアス方式を搭載しています。
テープスピードを2倍にすると音楽信号の周波数も2倍となり、15kHzの信号は30kHzになります。このため、従来のハイスピード・ダビングでは、周波数の高い音楽信号の高調波成分がバイアス電流の周波数(105kHz)に近づきビート発生を招くため、高域の周波数特性を抑えていました。
TC-WR950では、バイアス周波数を従来の2倍の210kHzに設定したスーパーバイアス方式を採用することで、倍速時にもビート発生が大幅に減少し、高域まで伸びた周波数特性と広いダイナミックレンジが得られています。

A/Bデッキそれぞれの録再ヘッドには、コア材に優れた磁気特性を持つアモルファス合金を使用し、さらにヘッド巻線にはLC-OFCを採用して音質を向上したレーザーアモルファスヘッドを採用しています。
LC-OFCは純度99.995%以上の無酸素銅の結晶を巨大化し、容量リアクタンスによる歪を減少させたもので、SN比や周波数特性を改善しています。

A/BデッキそれぞれにドルビーNRシステムを搭載しており、Bタイプ/Cタイプ/OFFの3ポジションが両デッキ独立に設定できます。また、Cタイプ録音したテープをBタイプに変換してダビングするクロスドルビーNRダビングも可能です。
それぞれのドルビーNR回路には、ノーマルスピード時とハイスピード時用の2系統の回路を搭載しており、倍速ダビング時にも自由にドルビー変換が可能です。

ダビングレベルの調整が可能で、高出力のメタルテープからノーマルテープへのダビングの際にレベルを抑える事で歪の発生を防ぐことができます。また、フェードインやフェードアウトなどの操作も可能です。
調整はノーマルスピード時とハイスピード時いずれの場合も行えます。

Aデッキには、カセット片面の収録曲12曲目までを最大16回好きな曲順でプログラムできるRMS(ランダム・ミュージック・センサー)機能を搭載しています。選曲も12キーでプログラム順に指定するだけで設定でき、STARTキーを押せば、次々と選曲→再生を繰り返します。
また、プログラム曲の倍速ダビングもでき、オリジナル編集のライブラリーが作れます。さらに、RMSスタート後のプログラム追加も可能です。

ディスプレイ切替キーか12キーを押すと、ピークレベルメーター部がRMSディスプレイに変化し、プログラム曲と選曲/再生中の曲を独立表示し、RMS再生の進行状況がわかります。さらに、チェックキーでプログラムの曲順の確認も可能です。

テープ走行量を分秒単位でデジタル表示するリニア電子カウンターを搭載しています。
A/Bデッキそれぞれのテープ走行量を独立カウントしており、A/B切替えで各デッキおよその走行量を表示します。表示していない間もカウントは続行され、同時録音やダビング時にも、それぞれのデッキのテープ走行量をすぐ確認できます。
また、テープ残量を直読できる減算機能も搭載しています。

ノーマルスピードに加えハイスピード(倍速)でのシンクロダビングが可能です。
また、ノーマルスピード時にはオートポーズ機能を使用したテープ編集が可能です。

ノーマルスピードでのダビング時にAUTO PAUSEキーをONにすると、Aデッキは1曲終了ごとにストップ、Bデッキは録音ポーズ状態になります。

再生中に約10秒以上の無信号部分があると自動的に早送りし、次の曲の頭から再生を始めるブランクスキップ機能を搭載しています。また、ノーマルスピードでのダビング時には、再生側の10秒以上の無信号部分を録音側デッキが自動的に巻戻し約5秒間に短縮することで、曲間の揃ったテープが作れます。

AMS(オートマチック・ミュージック・センサー)機能により、再生中の曲や次の曲の頭出しが行えます。

A/Bデッキでの同時録音に加え、3ポジションのディレクションモード・スイッチの切替えで、片面だけの録再、両面にわたる録音または1巻のみのサイクル再生が行えます。さらに、RELAYモードでは、Aデッキでテープ両面の録音後、リレー動作でBデッキが両面録音し、テープ2巻を使った長時間連続録音が可能です。また、再生時にはAデッキの両面再生→Bデッキの両面再生を繰り返し、長時間リスニングが可能です。

テープ走行状態を、オレンジ(STOP/FF/REW)、グリーン(PLAY)、レッド(REC)の3色で表示するトリプルカラー・ディレクションインジケーターを搭載しています。

赤外線センサーによるクイックリバース機能を搭載しています。

リアルタイムのピーク値とピークホールドを同時表示できる、12セグメントx2chのダブルインジケーション方式FLピークレベルメーターを搭載しています。

TypeI/II/IVのオートテープセレクターを搭載しています。

オートプレイ、カウンター連動メモリーストップ/プレイが可能です。

オートスペース付きRec Mute機能を搭載しています。

別売りタイマーによる留守録音や目覚まし再生が可能です。また、同時録音やリレー録再も可能です。

出力可変のヘッドホン端子を搭載しています。

スイッチの切替えでA/Bデッキのどちらにも仕様できるワイヤレスリモコンが付属しています。
このリモコンでは、録音や再生、早送り、巻戻しなどのテープ走行指令に加え、リニア電子カウンターのリセット、メモリー、A/B切替が可能です。

機種の定格
型式 ステレオカセットデッキ
ヘッド 消去:2
録再:2
モーター DCサーボモーター:2
DCモーター:2
SN比 56dB(EIAJ)
59dB(Dolby off、ピークレベル、Metal-Sカセット)
72dB(Dolby NR C)
周波数特性 30Hz~17kHz ±3dB(EIAJ、Metal-Sカセット)
周波数範囲 20Hz~18kHz(EIAJ、Metal-Sカセット)
ワウ・フラッター
(EIAJ)
±0.07%Wpeak
0.05%WRMS
歪率 0.5%(EIAJ、Metal-Sカセット)
消費電力 27W
外形寸法 幅430x高さ135x奥行285mm
重量 5.9kg
付属 ワイヤレスリモコン RM-950