オーディオの足跡

SONY/ESPRITの製品をヤフオク!で検索

TC-7760-2の画像
 解説 

クローズドループ・デュアルキャプスタン方式、ACサーボモーター、F&Fヘッド+FETアンプのダイレクトカップリング方式という3つの特長を持ったSecloff(セクロフ)シリーズの2トラック・38cm/sで3モーター3ヘッド構成のテープデッキ。

プロ用機にも採用されているクローズドループ・デュアルキャプスタン方式を採用しています。
この方式では、キャプスタンを2個使いその中央にヘッド部を配置することで、テープ走行中の振動やテンション・ムラをヘッドの手前で抑え、ワウ・フラッターや変調ノイズ、速度変動を減少させることで音質を改善しています。

モーターにはACサーボモーターを採用しています。
このモーターは、同軸の周波数発電機とサーボアンプにより、回転速度の変化を補正し、正しい回転数を維持しています。

ヘッドにはF&Fヘッドを採用しています。このヘッドではコア部だけでなくガード部にまで同質のフェライトを使用したオールフェライト構造を採用しており、パーマロイヘッドの約200倍の耐摩耗性を実現するとともに、高周波損失を抑えることで周波数特性を改善しています。
さらに、このヘッドとプリアンプを直結させたダイレクトカップリング方式を採用しています。これにより、ヘッドとアンプとの間にコンデンサーなどの素子が介在しないため、音質の劣化がありません。
また、プリアンプ初段には、リニアリティと高域特性に優れた低雑音のFETを特に開発・採用しており、低歪、ローノイズ化を図っています。

デュアドテープやSLHテープが使用できる、バイアス2段/イコライザー3段切替え式のテープセレクターを搭載しています。

ソニー独自のロジカル・コントロール・システムを採用しており、早送り/巻戻しの状態から直接再生へ操作ボタンを押してもテープを痛めません。
この機構は、リール軸に直結した周波数発電機(FG)が回転を検出し、テープが停止すると直ちに目的の動作に移ることで実現しています。

別売りタイマーを接続することで、留守録音が可能です。

15dB/30dBが選択できるマイクアッテネーターを搭載しています。

マイクとラインのミキシングが可能です。

ラインアウトボリュームを搭載しています。

センタークリック付きのプレイバックボリュームを搭載しています。

別売りでダストプロテクターがありました。

機種の定格
型式 テープデッキ
周波数特性 20Hz~35kHz(19cm/s、デュアドテープ使用時)
ワウ・フラッター 0.04%
外形寸法 幅435x高さ451x奥行221mm
重量 24kg
別売 ダストプロテクター DP-20(¥4,800)