オーディオの足跡

SONY/ESPRITの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

PS-X800の画像
 解説 

バイオトレーサーに加えアクティブ・トレースサーボ方式を搭載したリニアトラッキング・プレイヤーシステム。

トーンアーム部にはバイオトレーサーを採用しています。
バイオトレーサーでは、アームの垂直回転部と水平駆動部にそれぞれ速度センサーと位置検出センサー、そしてリニアモーターを設置しています。2つのセンサーによって検出された信号はサーボアンプに送られ、そこからリニアモーターに必要な電流を供給することで、アームの動きをコントロールしています。
これにyろい、ディスクに対する追従性を高め、多少のソリや偏芯は問題なく再生できるようになっています。さらに低域共振のピークを、どんなカートリッジを使用した場合でも3dB以下に抑える事に成功しており、カートリッジ本来の個性を引き出す事が可能です。また、クロストークの改善も実現しています。

新開発のアクティブトレースサーボを搭載したリニアトラッキング方式を採用しています。
アクティブトレースサーボは、ディスクのピッチはバリアブルに変化しながらも常に内側へ向かって動いていくという大前提に着目したもので、アーム横送り用のモーターをあらかじめ回転させておき、ピッチ変化の読取りをバイオトレーサーの位置検出センサーに行わせ、ピッチが粗くなったらアームの移動速度をアップ、細かくなったらダウンさせています。これにより針先の速度とアーム支持部の速度をほぼ一致させることに成功しています。
このアクティブとレースサーボによって、アームは微妙に移動速度を変えながらも止まることなく連続動作を実現しており、いわゆるシャクトリ虫運動を解消し、アーム支持部が急に移動することによって起る、位相歪を大幅に抑えています。

リニアトラッキング方式で問題となるアーム支持部のガタつきを解消するため、横送りの支持軸とアーム支持点を一致させるモノレールガイドによるスライド軸受けで安定化を図るとともに、バイオトレーサーによる強力なダンプ力でガタつきを抑えています。
アーム横送り用のモーターにはターンテーブルと同じ方式のリニアBSLモーターを採用しています。

ターンテーブル用モーターには、コンシューマー用プレイヤーやカッティングマシン用のターンテーブルでのノウハを基に開発されたリニアBSLモーターを採用しています。トルクムラの原因となるスロット(溝)そのものが存在せず、ブラシも取り去ったシンプルな構造となっています。

サーボ回路の速度検出部には、ソニーマグネスケールの精密計測技術を導入したマグネディスク速度検出方式を採用しています。ターンテーブルの外周に高精度に着磁された512波の信号をマルチギャップヘッドで検出するという方法により、フラッター成分の中でも比較的高い周波数までサーボ補償が可能となっています。
また素子の温度特性により、正確なサーボが効かなくなるのを防ぐため、水晶の持つ高い発振精度を利用し回転数を位相制御するクォーツロックを採用しています。これにより周囲温度や電源電圧の変動にも影響されない安定した回転精度を得ています。
回転が安定するとフロントパネルのLockedインジケーターが点灯し、クォーツロックされたことを知らせます。

トーンアームはパイプを角形にして剛性を高め、固有振動を抑えています。
さらに、シェルコネクターにも工夫をこらしており、シェルプラグの先端をクサビ効果による強い力でホールドし、根元を4方向から締め付けるネックシリンダー機構を採用しています。

キャビネットには、金属に比べて内部損失が大きいため共振しにくく、かつ高精度の加工が可能で、強度も大きいという特徴をもったSBMCを採用しています。
また、インシュレーターにはゲル状の高粘度弾性物質を大型ゴムカップに充填したものを採用し、ダストカバーにはハウリングに強いアクリル製を採用するなど、固体伝播、空気伝播ともに外部からの振動を抑えています。

オートゼロバランス機能を搭載しており、カウンターウェイトに代って垂直方向の速度センサーとリニアモーターにより自動的にゼロバランスがとられます。
さらに、針圧調整もリニアモーターの力を活かした電子式針圧印加方式なため、ディスクを再生しながらコントロールが可能です。

ディスクの交換以外は、ほぼ全ての操作がフロントパネルのボタンで行えます。
演奏のスタート/ストップ、オートリピート、回転数切替えといった通常のオート操作のほか、専用BSLモーターによりトーンアームの左右送り、針先のアップ/ダウン、ターンテーブルのスタート/ストップといった操作も可能です。

アームの左右送りボタンと同時にFASTボタンを押すと移動速度がアップします。

サイズ検出は光電子ディスクサイズセレクターにより自動検出します。
また、万一ディスクをセットしないでスタートボタンを押しても針先は下降せず、そのままリターンする安全設計となっています。

トーンアームのアップ/ダウンに連動したミューティング回路を搭載しています。
アップされている状態では常にミューティングon状態となっており、カートリッジ交換の際も、アンプのボリュームを絞る必要がありません。

別売りのシンクロリモートコントロールユニットにより、カセットデッキとのシンクロプレイが可能です。

機種の定格
型式 クォーツロックD.D.フルオートプレイヤーシステム
<ターンテーブル部>
ターンテーブル 32cmアルミダイキャスト
モーター リニアBSLモーター
サーボ方式 クォーツロック、マグネディスクサーボ
駆動方式 ダイレクトドライブ
回転数 33 1/3、45rpm
起動特性 1/2回転以内(33 1/3rpm)
負荷特性 0%(針圧150g)
ワウ・フラッター 0.015%WRMS(回転系)
SN比 78dB(DIN-B)
<トーンアーム部>
トーンアーム リニアバイオトレーサー
有効長 180mm
全長 240mm
針圧調整範囲 0.5g~3.0g
付属シェル自重 7.2g
使用可能カートリッジ重量範囲
(シェル含)
10g~17g
16g~29g(補助ウェイト使用)
トラッキングエラー ±0.05゜(レコード溝6~7本/mmの場合)
<総合>
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 25W
外形寸法 幅440x高さ120x奥行440mm
重量 11.6kg
付属 45回転アダプター
補助ウェイト(2種類)
ヘッドシェル(SH-156)
カートリッジ取付けビス1式
ダストカバー
別売 シンクロリモートコントロールユニット RM-65(¥3,000)