オーディオの足跡

SONY/ESPRITの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

MDS-S38の画像
 解説 

コンパクトな幅280mmサイズのMDデッキ。

20ビットプロセッシングのワイドビットストリーム技術を投入しており、新開発のATRAC用デジタル処理LSIをキーデバイスとし、A/D変換部・サンプリングレートコンバーター・D/A変換部までデジタルデータの信号処理をオーバー16ビットの精度で行うことで、ミニディスクの音質を向上させています。

32kHzや48kHzといったサンプリング周波数を自動的に44.1kHzに変換するサンプリングレーターコンバーターを搭載しています。

ボタン操作の内容を音で確認できるビープ機能のオン/オフ切替えが可能です。

ミュージックシンクロ録音機能を搭載しており、リモコンのミュージックシンクロ・ボタンを押した後に、接続したCDプレイヤーやカセットデッキなどの再生をスタートさせるだけで、音楽信号の入力を検知して自動的に録音を開始します。

タイムマシン録音機能を搭載しており、録音ポーズ状態でマルチジョグダイヤルを押すと、最大6秒前の音に遡ってディスクに記録されます。

スマートスペース機能を搭載しており、デジタル録音時に3秒以上の無音部分を自動的に約3秒間に揃えることができます。

曲の連結や分割、移動などのディスク編集が可能なTOC EDIT機能を搭載しています。さらに、最後に行った編集操作をキャンセルし、編集前の状態に戻すことが出来るUNDO機能を搭載しています。
また、COMBINEやDIVIDEでの編集ポイントを確認できるリハーサル機能を搭載しています。編集ポイントの移動は、最大-128ステップ~+127ステップ(1ステップは約0.06秒)で微調整できます。

1曲内の指定した2点間を消去できるA-B ERASE機能を搭載しています。

別売りのタイマーと組んで録音・再生が可能なタイマースタンバイ機能を搭載しています。

ディスクを2倍の長さに使えるモノラル録音・再生機能を搭載しています。

ディスク1枚につき、曲名やディスク名を約1,700文字まで入力できるタイトル機能を搭載しています。
アルファベットや記号の他にカタカナにも対応しており、本体やリモコンで入力ができます。また、別売りのカタカナ入力専用リモートコマンダーRM-D10Pを使用して入力することができます。

ディスクイン・オートパワー機能を搭載しています。

デジタル録音はSCMS(シリアルコピーマネージメントシステム)により、1世代に限り可能で、2世代以降のデジタル録音はできません。

ブラックとシルバーの2種類のバリエーションがありました。

ワイヤレスリモコンが付属しています。

機種の定格
型式 MDデッキ
A/Dコンバーター 20bit⊿∑
D/Aコンバーター ハイブリッドパルスD/Aコンバーター
音声圧縮方式 ATRAC
録音・再生時間 ステレオ:最長74分
モノラル:最長148分
周波数特性 5Hz~20kHz ±0.3dB
ダイナミックレンジ 96dB以上(再生時)
SN比 96dB以上(再生時)
全高調波歪率 0.004%以下(再生時)
ワウ・フラッター 測定限界(0.001%W・peak)以下
入力端子 ライン:1系統
光デジタル:2系統
出力端子 ライン:1系統
光デジタル:1系統
ヘッドホン:1系統
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 13W
外形寸法 幅280x高さ90x奥行282.5mm
重量 約2.8kg
付属 ワイヤレスリモコン RM-D8M
別売 カタカナ入力専用リモートコマンダー RM-D10P(¥7,500)