オーディオの足跡

DTC-300ESの画像
 解説 

ニュースタンダードモデルとして、音質にこだわって開発されたDATデッキ。

A/D部に、サンプリング周波数を2倍に高めることで、ローパスフィルターの負担を軽減する2fs A/Dコンバーターと2fsデジタルフィルターの組み合わせを採用しています。コンバーター自身も聴感上の歪を改善した新開発チップを使用しており、さらに時間軸コントロールで位相補正しています。
また、D/Aコンバーターブロックには、4fsデジタルフィルター搭載の16ビットD/AコンバーターをL/R独立で採用しています。
さらに、A/D部とD/A部はそれぞれ専用基板に完全分離し、相互干渉を低減しています。

メカニズム部には2D.D.+1BSLモーターメカニズムをさらに改良して使用しています。
DTC-300ESでは、テープローディングにも専用2モーターを配し、信頼性が高く、操作フィーリングも優れたメカニズムが実現しています。

サブコード機能により、テープトップからの絶対時間を示すアブソリュートタイムの記録や、アブソリュートタイムを利用したタイムサーチ、スタートIDやスキップIDに加えエンドIDの記録、ID書き込みの際に微調整が可能なリハーサル機能、プログラムナンバー機能、テープの頭からナンバーを降りなおすリナンバー機能、スタートID/スキップID/プログラムナンバーをそれぞれ単独で消去できるイレース機能、全てのスタートIDを0.3秒ずつ前につけ直すシフトリナンバー機能を搭載しています。

光と同軸デジタルの2種類の入出力端子を各1系統搭載しています。
また、光入力はケーブルによるジッターを吸収するサーボ型のデジタル・シグナル・ノーマライザー回路を使用しています。

走行時間を示すカウンター表示、テープ残量時間を示すリメイニング表示、演奏中の曲の経過時間を示すプログラムタイム、およびテープトップからの絶対時間を示すアブソリュートタイムの4モードに切替えできるリニアカウンターを搭載しています。

BSチューナーや他のDATデッキからデジタル入力での録音中、信号が途切れても最大約10分間録音ポーズで待機します。これにより、タイマー録音時など、時間的に余裕を持って録音開始時間が設定できます。

メカニズム/デジタル/アナログ/ディスプレイ部を明確に分離し、さらにサブシャーシで補強した内部コンストラクションを採用しています。

-60dB~0dB、各ch24セグメントのワイドレンジ・デジタルピークメーターを搭載しています。
デジタルピークメーター表示の基になるデータはデジタル処理回路のデータを引用しています。

FL管の発する微小なノイズに配慮し、ディスプレイoff機能を搭載しています。
また、部屋の明るさや好みによってディスプレイの輝度を6段階変えられるディマー機能を搭載しています。

約2倍速と約16倍速の2スピードによるキュー&レビュー機能を搭載しています。

1度も録音したことがない未録音部を自動的に探すブランクサーチ機能を搭載しています。

別売りタイマーを組み合わせることで留守録音や目覚まし再生が可能です。

本体の殆どの操作に加えソニーのリモコン対応CDプレイヤーの選曲やポーズといった操作が可能なワイヤレスリモコンが付属しています。
さらに、本体とCDプレイヤー双方に向けて操作することで、本体の録音ポーズ解除に続いてCDの演奏をスタートさせるワイヤレスCDシンクロ録音が可能です。

機種の定格
型式 DATデッキ
チャンネル数 2チャンネルステレオ
サンプリング周波数 48kHz(録音/再生)
44.1kHz(再生のみ)
32kHz(Digital inのみ録音/再生)
量子化ビット数 16ビット直線
エラー訂正 ダブルエンコーデッドリードソロモンコード
エンファシス プリエンファシス(録音時、アナログ入力に対して)offに固定
ディエンファシス(再生時)on/off自動切換
変調方式 8-10変換
周波数特性 2Hz~22kHz ±0.5dB
ダイナミックレンジ 90dB以上(録音時、エンファシスoff)
SN比 92dB以上(録音時、エンファシスoff)
全高調波歪率 0.0075%以下
ワウ・フラッター 測定限界(±0.001% W.Peak)以下
インターフェース アナログLine in/out:ピンジャック
Digital in/out:EIAJ準拠同軸および光
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 29W
外形寸法 幅430x高さ115x奥行330mm
重量 約8.2kg
付属 ワイヤレスリモコン RM-D3000