オーディオの足跡

CDP-222ESの画像
 解説 

ESシリーズのCDプレイヤー。

デジタルフィルターには96次2倍オーバーサンプリングFIR型デジタルフィルターを採用しています。これにより群遅延特性が改善され、波形再現性が向上しています。
また、アナログフィルターには5次アクティブアナログフィルターを採用しています。

D/A変換部には左右チャンネル独立してD/Aコンバーターを搭載しています。これにより両チャンネル間の位相差はゼロとなり、上下・左右・奥行各方向への音の広がり感を改善しています。
D/Aコンバーターには高速16ビットタイプを採用しています。

サーボ回路には予測制御方式であるSサーボを採用しています。
Sサーボでは新開発されたRFICがディスク上にある障害の大きさを検出すると、マイコンが高速演算によってその周期性を予測し、サーボ量を適切にコントロールする方式を採用しています。予測精度は毎秒8,000回と高精度で、しかも回転速度が異なるディスクの内外周にかかわらず精度は常に一定です。これによりトレース能力が大幅に向上し、サーボ電流の乱れも最小限に抑えられています。

メカニズム部には新開発リニアモーター駆動光学メカニズムを採用しています。
このメカニズムのベース部にはセラデッドベースユニットを採用しています。これはセラミックパウダー入りの特殊樹脂を金属と複合成型したもので、それ自体が振動しにくく、振動してもすぐに減衰するという優れた特性を備えています。
全体のフローティング構造とあいまって振動の影響を受けにくいメカニズムを実現しています。

集積度を高めた第三世代LSIを採用しており、周辺回路のシンプル化によって信頼性を向上させています。
また、このLSIは高精度ユニリニア・コンバーターシステムを構成しており、デジタルフィルター以降のデジタル回路を1個のマスタークロックに完全同期させることでビート発生を原理的にゼロに抑えています。

大型インシュレーターや高剛性シャーシを使用することで振動を低減しています。

アナログ回路にはオーディオ専用カーボン抵抗を採用しています。
また、極性表示付きOFC電源コードや金メッキ出力端子、非磁性体OFCヒートシンク、銅ビスなどを用いることで音質改善を図っています。

電源部にはデジタル・アナログ独立電源回路の大容量電源トランスを採用しています。

ミュージックカレンダー付きカラー集中ディスプレイを搭載しています。

シャッフルプレイ機能を搭載しています。

1曲/全曲/A-B/プログラム/シャッフルの5モードリピート機能を搭載しています。

外部タイマーを接続しオフ/通常プレイ/シャッフルプレイができるタイマースイッチを搭載しています。

音を聴きながら早送り/早戻しができるミュージックサーチを搭載しています。

ボリューム付きヘッドホン端子を搭載しています。

曲間で3秒のスペースをとるオートスペース機能を搭載しています。

インデックスサーチを搭載しています。

ソニーのデッキと簡単に接続できるシンクロ端子やサブコード用端子を搭載しています。

ワイヤレスリモコンが付属しています。

機種の定格
型式 CDプレイヤー
読取り方式 非接触光学読取り(半導体レーザー使用)
レーザー GaAlAsダブルヘテロダイオード
回転数 200~500rpm(CLV)
演奏速度 1.2m/s~1.4m/s(一定)
エラー訂正方式 ソニースーパーストラテジー
(クロスインターリーブ・リードソロモンコード)
チャンネル数 2チャンネル
複合化 16ビット直線
周波数特性 2Hz~20kHz ±0.3dB
全高調波歪率 0.003%以下(EIAJ)
ダイナミックレンジ 95dB以上(EIAJ)
ワウ・フラッター 測定限界(±0.001%W.peak)以下(EIAJ)
出力レベル 2Vrms(MSB)
ヘッドホン出力レベル 28mW(32Ω)
消費電力 11W
外形寸法 幅430x高さ100x奥行335mm
重量 5.1kg
付属 ワイヤレスリモコン RM-D350A