オーディオの足跡

SONY/ESPRITの製品をヤフオク!で検索

TA-F6Bの画像
 解説 

より優れた電源部を実現するため、電子回路技術を駆使したパルスロック電源を開発・搭載したDCプリメインアンプ。

パルス電源は、AC100Vをダイレクトに整流し、このDCを20kHzのパルスに変換、フェライトコア・トランスで変圧して再びDC電圧にするという構造になっており、効率が良く、リップル成分が極めて少ないという特徴をもっています。
TA-F6Bでは、さらにパルス幅制御方式の帰還回路を設け定電圧化を図っており、0W~100W出力までの電圧変動率1%以下を実現しています。これにより、アンプ部のリニアリティの悪化を抑え、さらに低周波磁気漏れが無いため、MCカートリッジなどの微少入力でもハムが出ず、高SNを獲得しています。
さらに、FETバッファ電源と合わせ、パワー部からプリ部への電圧のふられも低減されています。

MCヘッドアンプは、初段に低雑音のLECトランジスタを並列接続して等価雑音抵抗を下げ、次段はダーリントン接続の2段直結構成となっています。

デュアルFETによるカレントミラー差動増幅構成のイコライザーアンプを搭載しており、ダイレクトカップリングで低域伝送特性を向上しています。
また、RIAA再生カーブを作り出すNF回路とは別にFETによるDC帰還回路も採用することで、動作点の安定化とNF回路の大容量コンデンサを追放でき、音質を向上しています。

パワーアンプ部は、初段にデュアルFETを用いたソースフォロワ回路、ドライバー段にモノリシックICを採用しており、終段はピュアコンプリメンタリーSEPP OTL回路となっています。
低域の位相が狂わないDCアンプ構成を採用しています。

セルフディフィート式のトーンコントロールを採用しており、トーンアンプには低雑音・高耐圧のモノリシックICを採用しています。

ボリュームには4連ディテントボリュームを採用しています。

入力から出力までの線材の引き回しを最小限に抑え、ストレーキャパシティによる信号系の干渉を低減させるコンストラクションを採用しています。

金メッキPhono端子を採用しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
実効出力(20Hz~20kHz、両ch) 100W+100W(8Ω)
出力帯域幅(IHF、8Ω) 5Hz~35kHz
高調波歪率 0.03%(20Hz~20kHz、実効出力時)
混変調歪率(実効出力時) 0.01%
ダンピングファクター(1kHz、8Ω) 50
Phono入力感度 2.5mV
Phono最大許容入力(1kHz) 250mV
トーンコントロール Bass:60Hz±10dB
Treble:25kHz±10dB
フィルター Low:6dB/oct.(15Hz以下)
High:6dB/oct.(9kHz以上)
消費電力 190W
外形寸法 幅430x高さ170x奥行390mm
重量 12kg