オーディオの足跡

SONY/ESPRITの製品をヤフオク!で検索

TA-F5の画像
 解説 

従来の電源に比べ優れたレギュレーションを獲得したパルス電源を採用したDCプリメインアンプ。

パルス電源では、AC100Vがアンプに入ったとたんにDC化し、ハムの信号系への影響をなくしています。

イコライザーアンプの基本回路はA級ピュアコンプリメンタリーSEPPを採用しており、RIAA帰還回路とは別にFETを用いたDC帰還回路を設けることで、動作点の安定を図っています。
また、RIAA素子には厳選したポリプロピレンコンデンサーや高精度抵抗を採用しています。
さらに、MC入力は、低雑音トランジスタを3本パラレル接続することで等価雑音抵抗を下げており、低雑音設計のイコライザーアンプのゲインを上げることにより、ヘッドアンプ内蔵と同様の働きをさせています。

パワーアンプ部は、動作の安定化と信頼性向上のため、ドライバー段にモリシックICを採用sいており、集団はリニアリティの良いパワートランジスタでピュアコンプリメンタリーSEPP回路を構成しています。

トーンコントロールには、センターポジションにツマミをセットすると、トーン回路が自動的にディフィートするセルフディフィート・トーンコントロールを採用sいています。
トーンアンプはNF型で素子には厳選されたパーツを使用しています。

小音量時のSNを改善する4連ボリュームを採用してます。

2台のテープデッキが使用できる2系統テープモニタースイッチを搭載しています。
また、アンプ本体の信号とは無関係に、Tape1→2、2→1へとコピーできる両方向テープコピースイッチを搭載しています。

Reverse/Stereo/Monoの3ポジションのモードスイッチを搭載しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
実効出力(20Hz~20kHz、両ch) 70W+70W(8Ω)
出力帯域幅(IHF、8Ω) 5Hz~35kHz
高調波歪率 0.04%(20Hz~20kHz、実効出力時)
混変調歪率(実効出力時) 0.01%
ダンピングファクター(1kHz、8Ω) 40
Phono入力感度 2.5mV
Phono最大許容入力(1kHz) 250mV
トーンコントロール Bass:60Hz±10dB(300Hz)
Treble:25kHz±10dB(5kHz)
フィルター Low:6dB/oct.(15Hz以下)
High:6dB/oct.(9kHz以上)
消費電力 160W
外形寸法 幅410x高さ145x奥行370mm
重量 7.2kg
別売 ラックハンドル AH-4A(1セット、¥2,500)