オーディオの足跡

SONY/ESPRITの製品をヤフオク!で検索

TA-1055Aの画像
 解説 

ESシリーズの設計思想を継承し、色づけを無くし、プログラムソースを忠実に引き出す事を目標としたプリメインアンプ。

パワーアンプ部には、ダイレクト・カップリング方式による差動増幅2電源・準コンプリメンタリー回路を採用しています。
また、プリアンプ部では、イコライザーアンプに、オーディオ用に特別に開発された高耐圧ローノイズICを採用し、リニアリティ、歪率特性を改善しています。

マイクミキシング専用のPNP-NPN2段直結アンプを内蔵しており、これにより、マイクレベル・コントロールによって、つねに適正なレベルをセットできます。
また、マイク一本の場合は左側に差し込むと、モノラルでもマイクの音だけ両chから流す事ができます。

トーンコントロールにはスライド式を採用しており、センタークリックが付いているので容易にフラットポジションが得られます。

機種の定格
型式 オールシリコントランジスタ・ステレオプリメインアンプ
回路方式
パワーアンプ: ダイレクトカップリング・準コンプリメンタリー
・シンメトリーSEPP回路
プリアンプ:モノリシックIC使用NF型
マイクアンプ:PNP-NPN2段直結
出力(高調波歪率 0.1%)
ダイナミックパワー(IHF、定電圧供給法): 70W(8Ω)
90W(4Ω)
実効出力
1kHz、両チャンネル(歪率0.5%): 23W+23W(8Ω)
27W+27W(4Ω)
40Hz~20kHz、両チャンネル: 20W+20W(8Ω)
出力帯域特性 10Hz~40kHz(8Ω、IHF)
高調波歪率 0.5%以下(定格出力時)
0.2%以下(1W出力時)
混変調歪率
(60Hz:7kHz=4:1)
0.5%以下(定格出力時)
0.2%以下(1W出力時)
ダンピングファクター 22(1kHz、8Ω)
残留雑音 0.25μW以下
入力感度/インピーダンス Phono:2.5mV/10kΩ
MIC:1.8mV/47kΩ
Tuner、AUX、Tape1、2、Rec/PB(入力部):250mV/50kΩ
最大許容入力 Phono:70mV
出力レベル/インピーダンス Rec Out1、2:250mV/13kΩ
Rec/PB(出力部):30mV/82kΩ
スピーカー端子:4Ω~16Ωに適合
S/N比 Phono:70dB(入力2.5mV、Bネットワーク)
MIC:65dB(入力1.8mV、Bネットワーク)
Tuner、Tape1、2、Rec/PB(入力部):90dB(入力250mV、Aネットワーク)
周波数特性 Phono:RIAAカーブ±1dB
MIC:30Hz~20kHz、+0 -3dB
Tuner、AUX、Tape1、2、Rec/PB(Input):20Hz~60kHz、±3dB
トーンコントロール Bass:100Hz±10dB
Treble:10kHz±10dB
ラウドネスコントロール 50Hz +10dB、10kHz +3.0dB
フィルター High Filter:5kHz以上、6dB/oct(Volume -30dB)
<総合>
使用半導体 トランジスタ:24
ダイオード:9
IC:1
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 65W
外形寸法 幅416x高さ119x奥行285mm
重量 6.1kg