オーディオの足跡

Grand Piano Homeの画像
 解説 

Concerto Homeシリーズのトールボーイ型スピーカーシステム。

Grand Piano HomeはConcerto Grand Pianoをベースにしており、3ウェイシステムとして改良が施されています。

低域には18cmコーン型ウーファーを搭載しています。
振動板にはファイバーグラス・マルチコーティング・ダイアフラムを採用しています。

中域には低域と同型の18cmコーン型ユニットを搭載しています。

高域には2.6cmソフトドーム型ツィーターを搭載しています。
振動板にはシルクダイアフラムを採用しています。また、フェロフルイドクーリングを採用しており、ボイスコイルを磁性流体で処理することによって高熱時の熱拡散を最適化しています。

エンクロージャーにはConcerto Homeシリーズ共通の設計としてフロントバスレフを採用しています。これによりスピーカー背後の音響条件に影響されにくい自由な設置を可能にしています。
また、Grand Piano Homeではドライバーユニットの新規設計やフロントバスレフ型への変更にともない、エンクロージャーの奥行きを抑える一方で高さをわずかにアップするなど全体にチューニングが施されています。さらに、Concerto Homeシリーズではサイドパネルをネジで固定するキャビネットデザインを採用しており、シンプルな手法で本体の共振をデカップリングしています。
バッフル面全体にブラックレザーを用いることで不要輻射を抑えています。

脚部には4点支持スパイクを採用しています。

サイドパネル仕上げは2種類があり、ブラック・ピアノ・ラッカー仕上げとソリッド・ウォールナット仕上げが選べました。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・トールボーイ型・防磁設計
使用ユニット 低域用:18cmコーン型
中域用:18cmコーン型
高域用:2.6cmドーム型
周波数特性 35Hz~20kHz
インピーダンス
出力音圧レベル 90dB/W/m
クロスオーバー周波数 200Hz、3kHz
6dB/oct
入力端子 シングル・ワイヤリング
外形寸法 幅237x高さ1,080x奥行310mm
スパイク取付時:幅245mm
重量 25kg