オーディオの足跡

Concerto Home(Stand Iron)の画像
 解説 

Concerto Homeシリーズの中型システムにあたるブックシェルフ型スピーカーシステム。

低域には18cmコーン型ウーファーを搭載しています。
振動板にはファイバーグラス・マルチコーティング・ダイアフラムを採用しています。

高域には2.6cmソフトドーム型ツィーターを搭載しています。
振動板にはシルクダイアフラムを採用しています。また、フェロフルイドクーリングを採用しており、ボイスコイルを磁性流体で処理することによって高熱時の熱拡散を最適化しています。

エンクロージャーにはConcerto Homeシリーズ共通の設計としてフロントバスレフを採用しています。これによりスピーカー背後の音響条件に影響されにくい自由な設置を可能にしています。
また、フロントバッフルに傾斜を設けることで、各ユニットのタイムアライメントを図るとともに前後の平行面を排除して定在波を低減しています。Concerto Homeではこの傾斜を前シリーズのConcertoより大きくとっており、カバーエリアの拡大を図っています。さらに、Amati Homageの開発過程で得られた新しい内部制振技術を適用することで構造を強化しています。
Concerto Homeシリーズではサイドパネルをネジで固定するキャビネットデザインを採用しており、シンプルな手法で本体の共振をデカップリングしています。
バッフル面全体にブラックレザーを用いることで不要輻射を抑えています。

サイドパネル仕上げは2種類があり、ブラック・ピアノ・ラッカー仕上げとソリッド・ウォールナット仕上げが選べました。
別売りで3種類のスピーカースタンドがありました。
Stand fはウォールナット/メタル支柱とベースで構成されておりスパイクが付属しています。また、Stand Leatherはブラック・レザー/メタル支柱とベースで構成されておりスパイクが付属しています。
Stand Ironはウォールナット/メタル支柱とベースで構成されており、支柱の高さが調整できます。

機種の定格
方式 2ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型・防磁設計
使用ユニット 低域用:18cmコーン型
高域用:2.6cmドーム型
周波数特性 40Hz~20kHz
インピーダンス
出力音圧レベル 88dB/W/m
クロスオーバー周波数 2.5kHz
6dB/oct
入力端子 シングル・ワイヤリング
外形寸法 幅242x高さ362x奥行320mm
重量 9kg
別売:スピーカースタンド Stand f(1台、¥32,500)
外形寸法 高さ700mm
重量 11.8kg
付属 高さ調整可能スパイク
別売:スピーカースタンド Stand Leather(1台、¥32,500)
外形寸法 高さ700mm
重量 11.8kg
付属 高さ調整可能スパイク
別売:スピーカースタンド Stand Iron(1台、¥65,000)
外形寸法 高さ603mm~800mm
重量 15.9kg
付属 高さ調整可能スパイク