オーディオの足跡

3009/SeriesII Improvedの画像
 解説 

3009/SeriesIIの改良型にあたるトーンアーム。

3点エラスティックカプリングによるアームマスの分離などの技術を採用しています。

別売で、カートリッジ実装時でのピックアップ系全体の低域共振・機械振動を低減する独自のフルイドダンパーがありました。
このダンパーにはオイルダンプ方式を採用しており、シリコン液の流動特性を利用することで、わずかな共振でありながら低域に重大な影響を及ぼす低域共振を低減しています。

機種の定格
型式 トーンアーム
※仕様内の(L)(H)(T)(D)(R)(C)の位置は上の画像を参考
実効長 229.0mm
スライドベース中心からターンテーブル中心まで(L) 217.9mm
スライドベース移動範囲 ±12.7mm
取付面からアーム最後部までの高さ調整範囲(H) 最高:79.4mm
最低:60.3mm
取付面からターンテーブル上面までの高さ調整範囲(T) 最高:41.3mm
最低:27.0mm
取付面から下方に必要な深さ(D) 47.6mm
バランスウェイトの移動のために必要な後方間隔(R) 50.8mm
ターンテーブル上面からダストカバー内側までの間隔(C) 44.5mm
別売 フルイドダンパー FD200(¥13,500)
メインウェイト 1902MWR(¥7,000)
 ※カートリッジ重量8g~14.5g
メインウェイト 1902HWR(¥8,500)
 ※カートリッジ重量14g~22g
ローマス用メインウェイト BL1(¥5,000)