オーディオの足跡

SANSUIの製品をヤフオク!で検索

SP-200の画像
 解説 

サンスイのスピーカー第一弾としてSP-100と同時に発表されたスピーカーシステム。スピーカーを意識させないほど自然な音をめざして開発されました。

低域には30cmコーン型ウーファーを搭載しています。
コーン紙にはやや厚めで硬い紙質のものを開発し、エッジはクロスのロール型を採用しています。また、磁気回路には10,000gaussの磁束密度をもった磁気回路を採用しています。

中域には12cmコーン型スコーカーを2個搭載しています。
後面を密閉構造とすることで他のユニットとの相互干渉を排除しています。

高域にはホーン型トゥイーターを2個搭載しています。

ネットワークにはサンスイのトランス技術を生かした12dB/octの特殊設計の空芯コイルを採用しています。
また、3段階切替式のタップ式レベルコントロールを搭載しており、従来のボリューム式と違い直流抵抗が無いため、ダンピング特性が悪化することがあありません。

エンクロージャーはパイプダクトによるバスレフ方式を採用しています。また、内部に吸音材として25mm厚のグラスウールを入れることで定在波を抑えています。
素材は板厚21mmのチップボードを使用しており、外観はウォールナット仕上げとなっています。

前面グリルには手作りの組格子を使用しています。

機種の定格
方式 3ウェイ・5スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
ユニット 低域用:30cmコーン型
中域用:12cmコーン型x2
高域用:5cmホーン型x2
周波数特性 35Hz~20kHz
最大入力 40W
インピーダンス
出力音圧レベル 100dB/W
クロスオーバー周波数 1.5kHz、5kHz(12dB/oct)
外形寸法 幅382x高さ655x奥行320mm
重量 18.4kg