オーディオの足跡

SANSUIの製品をヤフオク!で検索

SP-1001の画像
 解説 

音楽性を重視し、特に中音域の豊かな再生に重点を置いて開発されたスピーカーシステム。

低域には25cmコーン型ウーファーを搭載しています。
このユニットには11,000gaussの磁束密度を持つ磁気回路を採用しており、foを下げることに成功しています。また、ヤング率の大きいコーン紙や、ハイコンプライアンス型の新開発クロスエッジ、ダンパーなどと相まって優れた低音再生を可能にしています。
さらに、ボイスコイルの巻き幅やダンパーの安定保持などに工夫をこらすことで大振幅に耐え、かつ広範囲にわたって非直線歪を下げています。

中域には16cmコーン型スコーカーを搭載しています。
このユニットは独立した金属密閉カバーを採用することでfoを1オクターブ以上も下げています。これにより音の立ち上がりや解像度、指向特性を改善しています。また、アルミドームラジエーターを採用することでトゥイーターとのつながりを改善しています。

高域には2.5cmドーム型トゥイーターを搭載しています。
このユニットには軽金属振動板を採用することで軽量化と硬質化を図り、さらに大型フェライトマグネットによる強力な磁気回路を搭載することでドーム型の弱点である低能率化を克服しています。

ネットワークコイルにはサンスイのトランス技術を生かした12dB/oct型を使用しており、タップを切換える事によってレベルを変えるタップダウン方式が採用されています。このため、抵抗型アッテネーターなどによるダンピング特性の劣化がありません。
また、コイルにフェライトコアを用いることによってインダクタンスの不足を補うとともに直流抵抗を0.1Ω以下とし(抵抗式20~30Ω)過渡特性の向上を図っています。
アッテネーターは中域・高域各々単独に搭載しており、3dBステップで3ポジション切換が可能です。

マルチアンプ端子を搭載しており、2ウェイ・3ウェイのマルチアンプ再生が可能です。

エンクロージャーにはパイプダクトによるバスレフ方式を採用しています。さらにダクトを吸音材でダンプしています。また、エンクロージャー内の定在波を防ぐため、15mm厚の特殊吸音材を使用しています。
エンクロージャーの素材には25mm厚のチップボードを使用しています。

外観はウォルナット仕上げが施されており、前面には手作りの組子が装着されています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
ユニット 低域用:25cmコーン型
中域用:16cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
最大許容入力 40W
インピーダンス
周波数特性 35Hz~20kHz(無響室にて)
音圧レベル 100dB
クロスオーバー周波数 600Hz、5kHz
ネットワーク 12dB/oct、並列型
外形寸法 幅357x高さ619x奥行303mm
重量 17.5kg