オーディオの足跡

SANSUIの製品をヤフオク!で検索

S-α9の画像
 解説 

ひとクラス上の小型スピーカーを目指して開発されたアルフシリーズのスピーカーシステム。

低域には針葉樹パルプコーンを用いた16.5cmコーン型ウーファーを搭載しています。
このユニットにはダイレクトラジエーション構造を採用しており、ボイスコイルボビンに直接センターキャップを接着することでセンターキャップとコーン紙の干渉を抑え、高域特性や放射音の位相特性を改善しています。

高域には2.5cmソフトドーム型トゥイーターを搭載しています。
このユニットは、シルク素材にダンプ材を塗布したダイアフラムを採用しています。また、フェロフルイドクーリングによるダンピング処理が施されており、磁気ギャップ内に磁性流体を封入することでボイスコイルが高熱になった場合の熱拡散を促進し特性劣化を防いでいます。
トゥイーターの取付部にはアルミダイカストフレームを採用しています。

防磁設計となっています。

ネットワーク部は高域用と低域用を分けた分割タイプ構成/分割レイアウトを採用しており、高域と低域の相互干渉を排除しています。また、ネットワークを構成する各パーツには厳選したものを採用しています。

エンクロージャーには、トゥイーターの両サイドを連続するラウンドで大きくカットするとともに、全てのコーナーに丸みをもたせた新形状のフラッシュサーフェス仕上げを採用しており、音の回折効果による悪影響を排除しています。
また、音質への影響が大きいバッフル板の仕上げにはポリ塗装トップクリアコーティングが施されており、硬度と厚みを誇るクリア塗装膜によってユニットから放射される音波の伝達速度を高めています。さらに高級感を出すために下地塗装にはマイカ質チタン箔が混入されています。
素材にはMDFを使用しています。また、エンクロージャー内部にテーパード・リフレクターを装備することでキャビネット内部の定在波を分散するとともに剛性アップを図っています。

バナナプラグ対応金メッキネジ式スピーカー端子を採用しています。
キャビネット直付け方式を採用することで振動による悪影響を排除しています。

機種の定格
方式 2ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型・防磁設計(EIAJ)
ユニット 低域用:16.5cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
再生周波数帯域 40Hz~22kHz
瞬間最大入力 70W
定格インピーダンス
出力音圧レベル 87dB/W/m
クロスオーバー周波数 4kHz
外形寸法 幅216x高さ340x奥行352mm
重量 10.5kg