オーディオの足跡

S-α7の画像
 解説 

データ分析と試聴を繰り返して開発されたアルフシリーズのスピーカーシステム。

低域には16.5cmコーン型ウーファーを搭載しています。
振動板には針葉樹のパルプ素材をノンプレス処理して採用しています。
このユニットには新開発のダイレクトラジエーション・センターキャップ構造を採用しています。通常のセンターキャップはデザイン的な良さを優先するためにコーン紙に見合った大きさのキャップを使用し、取付方法もコーン紙にダイレクトに接着しています。S-α7のウーファーユニットでは、ボイスコイルボビンに直接センターキャップを接着する構造となっており、センターキャップとコーン紙の干渉を避け、放射音の位相特性や高域特性を改善しています。さらに、音質に影響を与えないサランメッシュを通常のコーンの位置に取り付けることで外観も良くしています。
また、低歪率磁気回路を搭載しており中低域のよりナチュラルな再生を可能にしています。

高域には2.5cmソフトドーム型トゥイーターを搭載しています。
振動板にはシルク素材100%のソフトドームを採用しています。また、トゥイーターの取付部にはアルミダイキャストフレームを採用しています。

防磁設計となっています。

ネットワーク部には分割タイプ構成を採用しています。

エンクロージャーには背面にポートを設けたバスレフ構造を採用しています。また、音の回折効果による悪影響を排除するため前後2面ラウンド構造を採用しています。
バッフル板の素材には高密度MDFを採用しており、30mm厚の側板を組み合わせています。

スピーカー端子部にはキャビネット直付け方式の金メッキバナナプラグ専用スピーカー端子を搭載しています。

金メッキバナナ端子を装備したスピーカーケーブルが付属しています。また、ゴム製スタビライザーが付属しており、バナナ端子の微小振動を吸収することで透明感を改善しています。

機種の定格
方式 2ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型・防磁設計(EIAJ)
ユニット 低域用:16.5cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
再生周波数帯域 40Hz~22kHz
瞬間最大入力 70W
定格インピーダンス
出力音圧レベル 87dB/W/m
クロスオーバー周波数 4kHz
外形寸法 幅216x高さ340x奥行340mm
重量 10.0kg