オーディオの足跡

S-7XVの画像
 解説 

AASW(エアロ・アコースティック・スーパーウーファー)システムを搭載したAV対応トールボーイタイプのスピーカーシステム。

低音再生を改善するため、16cmコーン型ウーファーユニットによるAASWシステムを採用しています。
AASWシステムは、ヘルムホルツのレゾネータ理論に基づいた低音再生方式で、小口径ユニットでありながら、大口径ユニットに匹敵する低音再生を図っています。
内部スペースとダクト部の共振周波数を低域にもっていくことにより低域での十分な音圧を獲得しており、ここで発生する共振は、音響フィルターの役割も果たしており、ダクトから出てくる際には高調波成分がふるい落とされ、直接音方式に比べて歪の少ない再生音を得られています。

低域には16cmコーン型ウーファー、高域には.25cmハードドーム型トゥイーターを採用しています。

低域部がメインシステム部に影響をおよぼさないように、キャビネット内部は完全に分離し、十分な板厚を確保し不要な箱鳴きを防いでいます。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・AASW方式・トールボーイ型・防磁設計(EIAJ)
ユニット 超低域用:16cmコーン型
低域用:16cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
再生周波数帯域 38Hz~20000Hz
最大入力 80W
インピーダンス
出力音圧レベル 86dB/W/m
クロスオーバー周波数 65Hz、3000Hz
外形寸法 幅250x高さ1064x奥行309mm
重量 20.1kg